XMの口座開設をするときに気をつけたい住所の書き方!【英語・ローマ字】

本サイトではXMの口座開設についてのあらゆる疑問にお答えしていますが、今回ピックアップするのは

「口座開設時の住所の書き方」

についてです。

XMは海外のFXサイトなので、住所を英語で入力する必要があるのですが、若干日本語で入力するときとは勝手が違います。

その住所の書き方を画像と共に分かりやすくご説明していきますので、ぜひこれからXMの口座開設を試みようとしている方は参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

XM口座開設時の住所の書き方【英語・ローマ字で入力】

XMで口座開設をする

XMの口座開設時には個人情報を入力して送信する必要があるのですが、その際ほとんどの項目で英語・ローマ字で入力しなければいけません。

といっても難しいことはなく名前などは誰でもローマ字で記入することができるでしょう。

ただ、住所の書き方についてはちょっと日本のサイトと海外のサイトで違いが出てきます

そこで、実際のXM口座開設の個人情報入力フォーム画面をご覧いただきながら、その注意点を見ていきましょう。

XM口座開設での「住所の書き方」

 

XM公式ホームページ

上記の画像はXMのリアル口座開設の住所入力画面です。

抑えておきたい部分に赤数字でチェックを付けていますが、順番に注意点を見ていきましょう。

<XMの住所の書き方・抑えておくべきポイント>

  1. 都道府県・市を入力
  2. 番地・部屋番号を入力
  3. 区町村・町名を入力
  4. 郵便番号を入力

都道府県・市を入力

まず都道府県・市を入力するのですが、こちらは比較的簡単です。

例・Tokyo,Hokkaido,Kyotoなど

この都道府県のあとに市を入力するのですが、この際に「市=Shi」と入力しましょう。

例・Higashikurume-Shi、Machida-Shiなど

ちなみに東京23区などにお住まいの方は、③の部分に区を入力しますので、この欄に関しては「Tokyo」とだけ記入をしておけばOKです。

番地・部屋番号を入力

次に番地と部屋番号を入力するのですが、ここが日本とはちょっと違います。

普通、日本では「(例)1-6-9 ○○マンション102」といった形で住所を記入すると思いますが、これが海外だと

「(例)○○マンション102,1-6-9」といった形でマンション・建物の番号から先に記入をします。

なお、XMの口座開設時に必要な住所記入欄には「マンション・建物名は不要」です。

そのため、

「102,1-6-9」といった形が適切な記入方法となります。

区町村・町名を入力

区町村・町名の入力ですが、こちらも先ほどの番地・部屋番号と同じように日本とは逆に記入する必要があります。

例・(名古屋市)中区栄→Sakae,Naka-ku (東京都)目黒区中目黒→Nakameguro,Meguro-ku
()の部分は①に記入済みのため不要

なお、区町村名と町名の間には「,」を入れて区切る必要があります。

また、最初の文字は大文字で入力し、あとは小文字で入力をしてください。
(一般的な英語・ローマ字の書き方にならう形)

郵便番号を入力

最後は郵便番号ですが、こちらは通常のように入力して問題ありません。

ハイフンなしで7桁の数字を半角で入力してください。

都道府県や町名のスペルを書くのに不安という場合

都道府県や町名をローマ字に直す際、スペルを間違わないかと不安な方もいるかもしれません。

また、いまいちスペルが分かりづらいという名前の地域にお住まいの方もいるかと思いますが、そんなときには便利な「住所英語変換サイト」を利用してみてください。

住所を簡単に英語へ変換できるサイト(judress)

ご覧のように郵便番号を打ち込むだけで自分の住所が出てきますので、あとは番地と建物名を入力すれば自分の住所の英語バージョンを取得できます。

あとはこれをコピーしてXMの入力フォームにペーストすればスペル間違いがありませんので便利ですね。

一応、先ほど説明した「-」や「,」といった記号を入れ忘れないことだけ注意してください。

まとめ:XM口座開設時の住所の書き方について

XMで口座開設をする

あまり日本人にとっては馴染みのないローマ字での住所入力ですが、ポイントさえ抑えておけば間違えることもなくスムーズに打ち込めるかと思います。

スペルに自信がない、住んでいる地域の名前が特殊で分かりづらい場合は、ご紹介したような住所を英語に変換するサイトを使ってみてください。

また、注意点として挙げた「マンション名は記載不要」「郵便番号は半角でハイフンなし」などに関してはきっちりと記載ルールを守るようにしましょう。

XMの入力フォームはよっぽど間違っていない限り、とりあえずは認証されてしまいます。

その後、本人確認書類との一致をXM側がするわけですが、そこで入力情報に不備が見つかると口座開設が遅れたり承認不可となってしまいますので注意が必要です。

実際に口座開設をする際には、ぜひこちらの記事の内容を参考にしながら打ち込んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です