【口座開設】XMでの予約注文の仕方は?指値・逆指値についても解説

この記事ではXMで口座開設をおこなった場合の「予約注文の仕方」についてご紹介していきます。

XMでの口座開設を考えている方の中には、まだFXのやり方をちゃんと知らないという方も多いことでしょうから、この記事を参考に「実際に口座開設をしたらこうやって取引をするのか」ということを知っていってみてください。

なお、実際にXMの取引画面をご覧いただきながら解説をしていきますので、まったくのFX初心者という方にも分かりやすい内容となっています。

スポンサードサーチ

XMで口座開設後、予約注文はどうやってやるのかを解説【実際の画像と共に】

女性, バーンアウト, マルチタスク, 顔, 輪郭, 空白, 潜在的な心, 無意識, 悲しい, 療法, 検索

XMで口座開設をする

「予約注文」というのは言葉の通り、あらかじめ価格や時間を指定しておくトレード方法です。

FXトレードでは必要不可欠な注文方法となりますので、しっかりとその内容を覚えていきましょう。

なお、予約注文は「指値注文」「逆指値注文」といった言葉でも表現されます。

指値注文・逆指値注文というのがどういった内容なのかを含め、FXにおける主な予約注文方法を簡単にまとめましたのでご覧ください。

<主な予約注文の内容>

  • 指値買い・・・価格が下落したときに買いたい場合の予約注文
  • 指値売り・・・価格が上昇したときに売りたい場合の予約注文
  • 逆指値買い・・・価格が上昇したときに買いたい場合の予約注文
  • 逆指値売り・・・価格が下落したときに売りたい場合の予約注文

予約注文には大きくわけて上記の4パターンがあります。

基本的にFXは対象銘柄の為替レートの値動きによって利益を生み出すものです。

価格が安いときに買って、高くなったら売る。

価格が高いときに売り、安くなったら買う。

この繰り返しで利益を得ていくと考えてもらえれば分かりやすいかと思います。

しかし、場合によっては価格が下落したときに売りたいときもあります。

そんなパターンも含め、次に実際のXM取引画面を見ながら予約注文の仕方を解説していきたいと思いますのでご覧ください。

口座開設後のXM取引画面を参考に「予約注文」を学ぼう

それでは実際にXMの取引画面から予約注文について説明していきますが、まずはこちらをご覧ください。

こちらはスマホでの取引画面です。

先ほどと同じように

  1. 指値買い
  2. 指値売り
  3. 逆指値買い
  4. 逆指値売り

といった順番に並んでいます。

なお、パソコン場合は下記の部分をクリックすると同様の表示がされます。

それでは最初に基本的なパターンである指値注文という予約注文方法を見ていきましょう。

<XMでの予約注文「指値注文」について>

こちらは先ほどの画面で買い指値注文を選択した場合の画面です。

画面にはスプレッドを含めた価格が表示されていることが分かりますね。

「109.198円」が上のスプレッド込みの価格で、「109.182円」が下のスプレッド込みの価格です。

買い指値注文というのは、現在価格よりも値段が下がったときに「買いの予約注文」をすることを指しますので、下のスプレッド込み価格である「109.182円」を下回る価格を赤線部分に入力します。

上の画像の場合は、「109.170円」のときに「買いの予約注文」をするといった内容ですね。

ちなみに画像上の赤丸部分「買指値」と書かれた下の数字がロット数となります。(画像の場合は「3ロット」)

この内容でOKであれば画面最下部の「発注」ボタンを押してください。

これで予約注文が完了となります。

なお、注文価格が視覚的にも分かりやすいよう、画面の下にラインを表示してくれるところがXMの取引画面の特徴です。

なお、こちらは「売指値」での注文画面です。

買指値とは反対に値段が上がったときに売りたいわけですから、スプレッド込みの価格を上回る価格を入力してください。

逆指値注文とは?

基本的に新規オーダーであれば指値注文をおこなうのがメインとなりますが、それに対して逆指値注文というのはどういったときに使うのか?という部分を説明していきます。

逆指値注文というのは主に「損切り」の際におこなう予約注文方法です。

たとえば、1ドル100円のときに1万円分のドルを買ったとしましょう。

この場合、1ドルが101円になれば100円の利益、99円になれば100円の損失です。

そして、たとえばこの状態で50円以上の損失は出したくなければ先に「99.50円で売り注文」を出しておくというのが基本的な逆指値注文のイメージとなります。

通常であれば価格が下がっている場合は買い注文をしますが、すでの1万円分のポジションを持っているわけですから、そのまま価格が下がればどんどんマイナスが大きくなってしまいます。

そのため、一定のマイナス額までを想定して予約注文をしておくことで、損失を許容範囲内で終わらせることが出来るというわけです。

ちなみに逆指値は利益確定をする際にも使われたりもしますので、その使い方は人それぞれともいえます。

まとめ:口座開設をするなら知っておきたいXMでの予約注文方法とその仕方

黄金の, コイン, ルース ・ チェンジ, ユーロセント, 通貨, 金属, 富, 金融, 貯蓄, 投資, お金

XMで口座開設をする

XMでの予約注文方法についてご紹介してきました。

予約注文というのはいくつかの注文を組み合わせることでも有効的にも使える注文方法です。

サラリーマンの方などの場合は、常に取引画面を見ていられないというケースも多いので、出勤前に利益が出ると予想する注文を先に予約しておくと便利です。

ぜひこちらの記事の内容を参考に、予約注文のやり方を覚えて効率的にFXトレードをおこなってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です