トレード手法

XMのMT5ウェブトレーダーの使い方を画像付きで解説!【初心者にも口座開設がおすすめ】

海外FX業者の「XM」ではインストール不要で使える便利な取引プラットフォームを用意しています。

この記事ではXMが用意する2つのウェブトレーダーの中から、MT5対応ウェブトレーダーの使い方についてご紹介していきます。

これからXMの口座開設を検討している方でMT5口座を作ろうとしている人はぜひご覧になっていってください。

ちなみにもうひとつのMT4ウェブトレーダーについても使い方はだいたい同じなので、きっと参考になると思います。

XMのMT5ウェブトレーダーの使い方を画像付きで解説!【口座開設するなら知っておこう】

XMで口座開設をする

XMがトレーダーに対して提供しているMT5ウェブトレーダーは、インストールが不要でブラウザから直接取引ができる画期的な取引プラットフォームです。

通常のMT5と互換性があり、機能についてもほとんど遜色がありません。

そのため、初めて海外FXをするという方であれば、このMT5ウェブトレーダーでも十分取引ができます。

ということで、まずはそのログイン方法から見ていきましょう。

XMのMT5ウェブトレーダーのログイン方法について

MT5ウェブトレーダーを使う場合は、事前にXMのMT5口座を開設しておく必要があります。

口座開設については下記リンクよりおこなえますので、どうぞ参考までにお使いください。

XM口座開設ページ

ちなみに口座開設の段階でMT4・MT5を選択する項目があるのですが、MT4を選ぶとMT5が使えませんし、その逆もまた同様です。

そのため、MT5ウェブトレーダーを利用する場合は必ず「MT5用の口座」を開設しましょう。

ということで、ここからはMT5の口座を持っていることを前提として手順を見ていきます。

まずマイアカウントページを開いたら画面上部のタブから「プラットフォーム」を選び、その中にある「MT5webTrader」をクリックしてください。

そうするとこのような画面が表示されますので、ページ下部の「MT5WebTraderへアクセス」をクリックします。

MT5ウェブトレーダーを起動させるとログイン情報入力画面が表示されます。

こちらには以下の情報を入れてください。

  • ログインID
  • パスワード
  • サーバー名

正しい情報が入力できるとログインが完了します。

そしてこちらがログイン後の画面です。

ご覧のように右上の部分にログインIDが表示されれば無事にログインができていることになります。

また、取引に使える資金の情報は画面左下にまとめて表示されます。

これでひとまずMT5ウェブトレーダーにログインできましたので、次は「通貨ペアを追加する」「インジケーターを挿入する」などの使い方を見ていきましょう。

XMのMT5ウェブトレーダーで通貨ペアを追加・インジケーターを挿入する方法について

XMのMT5ウェブトレーダーは、デフォルトの状態だとすべての通貨ペアが気配値一覧に表示されていません。

そのため、取引をしたい通貨ペアに関しては手動で追加をおこなっていきます。

とはいえ、通貨ペアの追加方法は簡単です。

画面の左側にある気配値一覧の一番下に「追加」という項目があるので、そこに追加したい通貨ペアを入力していきます。

ポンド円なら「GBPJPY」と入力すれば追加できる通貨ペア名が自動的に表示されますので、そちらをクリックすればOKです。
(なお、こちらはマイクロ口座なので通貨ペア名のあとにmicroと表記されていますが、スタンダード口座であればGBPJPYのみの表記です)

通貨ペアを追加したあとの画面がこちらです。

ご覧のようにGBPJPYが追加されました。

そして、この部分をチャートにドラッグ&ペーストすると画面に反映がされます。

これでチャート画面がGBPJPYに切り替わりました。

次はインジケーターの表示方法についてです。

インジケーターの挿入方法も簡単です。

画面上部にある「挿入」➡「インジケーター」と進んでいけば、標準搭載されているインジケーターが各種表示されます。

試しにボリンジャーバンドを入れてみましょう。

こちらがボリンジャーバンドというインジケーターを挿入したあとの画面です。

先ほどまでにはなかったラインがチャート上に表示されていることが分かります。

こうした形で自分にとって使いやすいようチャート画面をカスタムしていくことも大事です。

XMのMT5ウェブトレーダーでおこなう注文について

MT5ウェブトレーダーでの注文方法について見ていきます。

まずチャート画面か右側の通貨ペア銘柄の上でカーソルを右クリックすると「新規注文」という項目が出てきますので、そちらを選んでください。

そうすると上画像のように注文画面が表示されます。

①で成行注文か指値注文を選択して、②で注文する数量やストップロス・テイクプロフィットの数値を入力します。

なお、ストップロス・テイクプロフィットはあとから追加・変更ができますので最初に入力しなくても大丈夫です。

あとは下の売り・買いのどちらかをクリックすれば注文完了となります。

これでMT5ウェブトレーダーの基本的な使い方は以上となりますが、ご覧いただいたように仕組み自体は非常に簡単です。

海外FX初心者の方でもすぐに慣れると思いますので、ぜひ一度MT5ウェブトレーダーの画面を開いて色々と触れてみてください。

まとめ:XMのMT5ウェブトレーダーは使いやすい!口座開設をして実際に利用してみよう!

手, ラップトップ, コンピュータ, 入力, キーボード, インターネット, 女性, オンライン, 仕事

XMで口座開設をする

XMが提供する画期的な取引プラットフォーム「MT5ウェブトレーダー」についてご紹介してきました。

MT5ウェブトレーダーはパソコンに負荷を掛けずに使えるプラットフォームなので、サクサクとした動作が魅力的な部分になっています。

FX取引をする際にストレスを感じたくない方はぜひこちらのMT5ウェブトレーダーを使ってみてください。

-トレード手法
-, , , , , , ,