スプレッド

XMのスプレッドは広すぎる?それでも多くのトレーダーが口座開設する理由とは!

「XMの口座を使って海外FXを始めてみたい」

「でもXMはスプレッドが広すぎるという噂を聞いてちょっと迷っている」

これから海外FXに挑戦しようとしている方の中には、こういった悩みを持っている方もいると思います。

XMは日本人トレーダーも数多く利用している海外FX業者のひとつです。

最大レバレッジ888倍、追証なしのゼロカットシステム採用、丁寧な日本語サポートなど、たくさんの特徴を持っています。

しかし、そんなXMには「スプレッドが広すぎる」といった噂もあります。

そこで、この記事では本当にXMのスプレッドは広すぎるのか?を具体的にまとめてみました。

XMでの口座開設を検討している方はぜひ参考にしていってください。

XMのスプレッドは広すぎる?それでも多くのトレーダーが口座開設する理由とは!

XMの口座開設はこちらから

結論から先に伝えますと、XMのスプレッドは広すぎるというわけではありません。

通常設定されているスプレッドは確かにやや広めですが、XMにはそのスプレッド分のコストを補填する仕組みがあります。

このことを理解した上で、まずは実際のスプレッドを見ていきましょう。

XMのスプレッドは広すぎる?①実際に検証してみた!

こちらはXMを含む主要な海外FX業者同士のスプレッドを比較した表です。

なお、比較しているのはそれぞれの海外FX業者が用意するスタンダード口座のスプレッドとなります。

XM HotForex Axiory TitanFX LANDFX
ドル円 1.6pips 1.6pips 1.5pips 1.33pips 0.8pips
ユーロ円 2.1pips 1.6pips 1.5pips 1.74pips 1.3pips
ポンド円 3.2pips 3.0pips 2.2pips 2.4pips 1.7pips

こうして比較してみると「確かにXMのスプレッドは広すぎるのでは…?」といった印象を受けます。

しかし、XMには取引ごとに受け取れる「XMP」という独自のポイントプログラムがあります。

【XMPとは?】

  • 取引ごとに受け取れるXM独自のポイント
  • 受け取れるポイントは「1ロットあたり10XMP~20XMP」
  • トレーダーのランクが上がると貰えるXMPが増える
  • XMPは取引に使えるクレジットと交換可能
  • クレジットとの交換比率は「XMP÷3=ドル」で計算される
  • 最初のうちは1ロットの注文で「10XMP÷3=3.33ドル」が貰える

このXMPを加味するとXMの実質的なスプレッドはグッと下がります。

ちなみにスプレッドはpipsという単位で表されますが、これをお金に換算すると以下のようになります。

1pips=10ドル=約1,000円

つまり、XMを使い始めたばかりのトレーダーでもスプレッドから「10XMP(3.3ドル)=0.33pips」が差し引かれるということです。

トレーダーのランクが上がれば最高「20XMP(6.6ドル)=6.6pips」が差し引かれるので、これを考えるとXMのスプレッドは広すぎるということにならないわけです。

それでは次に、XMP分のコストを差し引いたスプレッド比較表を見ていきましょう。

XMのスプレッドは広すぎる?②XMPを加味した上で取引コストを比較してみた

XMのスタンダード口座で実際に掛かる取引コストを計算してみました。

【XMPを差し引いた場合のスプレッド比較表】

XM HotForex Axiory TitanFX LANDFX
ドル円 0.94pips~1.27pips 1.6pips 1.5pips 1.33pips 0.8pips
ユーロ円 1.44pips~1.77pips 1.6pips 1.5pips 1.74pips 1.3pips
ポンド円 2.54pips~2.87pips 3.0pips 2.2pips 2.4pips 1.7pips

ご覧のようにXMP分のお金を差し引いてみるとXMのスプレッドは平均的な幅に落ち着きます。

こうした仕組みを理解しているトレーダーの多くがXMを選んでいるわけです。

こちらは実際のXM口座でチャート画面を開いたときのスプレッド幅です。

ドル円のスプレッド幅が「109.889円-109.873円=0.016円=1.6pips」であることが分かります。

これを1ロット注文時の取引コストに換算すると「10万通貨(1ロット)×0.016円(1.6pips)=1,600円」になります。

この1,600円からXMPで受け取れる3.3ドル(330円)~6.6ドル(660円)を差し引いた額が、実質的な取引コストになるわけです。

XMの場合はこの実質的な取引コストがXMPによって安くなるので、実はそんなにスプレッドが広くありません。

こうした事実を知っておくと海外FXの取引で損をしませんので、ぜひ理解しておいてください。

まとめ:XMのスプレッドは広すぎるというほどでもない!安心して口座開設をしよう!

株式市場, チャート, グラフ, ファイナンス, お金, 株式, マックブック, コンピューター

XMの口座開設はこちらから

XMのスプレッドは広すぎるのか?という疑問を解消してきました。

ご覧いただいた通り、XMのスプレッドはやや広めに設定されているものの、実質的な取引コストは他社と比べても平均的となっています。

トレーダーにとって損をするような取引環境にはなっていませんので、安心して取引をおこなってみてください。

なお、そのほかの取引条件や信頼性という面はXMが他社を圧倒しています。

従って、総合的に考えれば「FX初心者こそXMを選んでおけば間違いない」と言えるわけです。

-スプレッド
-, , , , , , ,