損益計算

XMで口座開設したい!そんな方に損益計算の仕方を教えます!

この記事ではFXでの損益計算の仕方を分かりやすく解説しています。

FXと聞くと難しい印象があるかもしれませんが、意外とその内容はシンプルです。

自分が注文したレートと決済したレートの差額に注文量を掛ければ大まかな損益が計算できます。

ただし、取引する注文量は国内FXと海外FXで単位が異なります。

ここでは海外FX業者「XM」を利用したい方のために海外FXベースでの損益計算方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしていってください。

XMでの損益計算の仕方を教えます!【口座開設するなら知っておこう】

XMの口座開設はこちらから

FXを始める際には損益の計算方法を知っておく必要があります。

「いくらの値動きで何円の利益が出るのか?」また「いくらまで値動きしたら何円の損失が出るのか?」を理解しておかないとFXでは稼げません。

ということで、まずはFXにおける基本的な損益計算方法から見ていきましょう。

まずはFXでの損益計算の基礎を学ぼう!XMでも同じ方法で計算できる!

FXの損益計算方法はとても簡単です。

どれくらいの利益や損失が出るかは「注文レート」と「決済レート」の差額を計算し、そこに注文量を掛ければ答えが出てきます。

こちらは実際のドル円チャートです。

仮にドル円123円が120円まで下がった場合の損益計算を見ていきましょう。

【ドル円123円⇒120円の場合、損益計算はどうなる?】

  • 1ロット(10万通貨)分の売り注文を123円のときに出した
  • その注文を120円のときに決済した
  • 123円-120円=3円の差額
  • 1通貨あたりの利益は3円という計算になる
  • 3円×10万通貨=30万円の利益が出る

こちらがもっともシンプルな損益計算の仕方です。

ご覧のように差額を出してから注文量を掛ければ簡単に損益が計算できます。

ちなみに上の例で「買い注文」を出した場合には「30万円の損失が出る」ということです。

FXでは買い注文と売り注文の2つがあり、レートがどちらに傾くかを予測して注文を出します。

この買い注文と売り注文を間違えると思わぬ損失が出てしまいますので気を付けましょう。

また、上記では海外FX業者「XM」でのロット単位を使っていますので、1ロットは10万通貨という設定になっています。

しかし、これが国内FXの場合だと1ロットあたりの注文量は1万通貨になりますので注意してください。
(大半の国内FX業者では1ロット=1万通貨という条件が設定されている)

ということで、次は損益計算に必要なスプレッドという概念について解説していきます。

スプレッドを差し引くとXMでの正確な損益計算が出来るようになる!

先ほどFXの基本的な損益計算をご紹介しましたが、実際には損益額にスプレッド分の金額が加えられます。

スプレッドとは買値と売値の差額のことです。

買い注文を出した場合には買値が注文レートとなり、決済する際には売値が適用されます。

反対に売り注文を出した場合には売値が注文レートとなり、決済する際には買値が適用されるわけです。

FXトレードをする際にはこのスプレッド分の金額を考慮しておかないと上手く稼げません。

こちらはXMでも採用されているMT5の取引画面です。

ご覧のようにドル円のチャートには買値と売値の2つのラインが表示されています。

上の画像を例に考えると「買値122.570円」「売値122.527円」となりますので、その差額は「0.043円」です。

このとき10万通貨分(1ロット)の注文を出したとすると、「10万通貨×0.043円=4,300円」のマイナスから取引がスタートします。

ちなみにXMのドル円平均スプレッドは1.6pips(0.016円)なので、本来だと「1,600円」くらいのマイナスからスタートすると覚えておきましょう。

そして、このスプレッド分の金額を超えて値動きが進むと利益が出るという仕組みになっています。

上のチャートで考えると122.570円の時点で買い注文を出し、売値が「122.571円」まで上がれば利益が出るわけです。

FX取引の損益を計算するときには、このスプレッドを考慮しないと「あれ?計算よりも稼げないな…」となってしまうので注意してください。

まとめ:FXの損益計算は難しくない!今すぐXMで口座開設してチャレンジ!

正面図​金融​ビジネス​要素​の​品​揃え 無料写真

XMの口座開設はこちらから

これから海外FX業者「XM」を利用しようと考えている方に向けて、FXでの損益計算方法を解説してきました。

ご覧いただいたようにFXでの損益計算方法は意外とシンプルです。

唯一難しく感じられるのは買値と売値の差額がスプレッドとして表示されるところだと思います。

この点に関しては取引を進めていくことで慣れていく部分と言えますので、まずは一度海外FXに挑戦してみましょう。

XMなら少量から取引ができる「マイクロ口座」を用意しています。

マイクロ口座の1ロットは1000通貨となっていますので、数百円程度から注文を出すことが可能です。

FX初心者の方は、こうした口座を使ってトレードの基礎を学んでみてください。

-損益計算
-, , , , , , , ,