トレード手法

XMでの売買方法を分かりやすく解説!【口座開設する前に知っておこう】

「在宅時間が増えてきたので副業投資を始めてみようかな」という方におすすめの海外FX業者がXMです。

XMは初心者にとっても使いやすい非常に優れた取引プラットフォームや取引条件を用意してくれています。

そんなXMを使ってみたいという方のために、この記事ではXMでの売買方法を分かりやすくまとめました。

「FX初心者でどうやって注文をすればいいのかも分からない…」といった悩みがある方は、ぜひ参考にしていってください。

XMでの売買方法を初心者向けに解説!【口座開設する前にチェック】

XMで口座開設をする

XMでは取引をするためのプラットフォームとしてMT4とMT5の2つを採用しています。

MT4・MT5は世界中のトレーダーが利用している取引プラットフォームなので、公平で安全な注文がおこなえるようになっています。

そんなXMで注文するときの売買方法というのは以下の5つです。

【XMでの売買方法】

  • 成行注文:そのときのレートで注文を出す方法
  • 指値買い:価格が下落したときに買い注文を出す方法
  • 指値売り:価格が上昇したときに売り注文を出す方法
  • 逆指値買い:価格が上昇したときに買い注文を出す方法
  • 逆指値売り:価格が下落したときに売り注文を出す方法

こちらでは5つの売買方法となっていますが、実際の注文画面では「成行注文」と「指値(逆指値)注文」の2つに分かれています。

ということで、それぞれの売買方法についてXMのウェブトレーダーを参考にしながら見ていきましょう。

XMでの売買方法①成行注文

XMで色々な銘柄の売買をおこなうときは、まずMT4・MT5のどちらかを開きます。

こちらに関しては自分が開設した口座タイプに合ったものを選んでください。
(MT4のIDではMT5にログインできない。また逆も同じ)

ここではMT5を参考に売買方法の説明をおこなっていきますが、内容についてはMT4でも同じです。

新しい注文を出すときにはチャート上で右クリック⇒「取引」⇒「新規注文」といった順番で選択していきます。

そうすると上画像のような画面が表示されますので、赤枠部分で売買方法を選んでください。

こちらは成行注文を選んだときの画面です。

成行注文とはそのときのレートで売買をおこなう方法なので、左側に表示された買値と売値を参考にしながら注文ボタンを押すタイミングを図っていきます。

なお、画面上にはそのほか以下のような入力項目が表示されます。

  • 数量:注文するロット数のこと
  • ストップロス(SL):事前に損切り設定をおこなうときに使う
  • テイクプロフィット(TP):事前に利益確定設定をおこなうときに使う

注文する数量は金額などではなくロット数を入力します。

なお、スタンダード口座・ゼロ口座の場合は1ロット=10万通貨、マイクロ口座の場合は1ロット=1000通貨です。

自分が選んだ口座タイプによってロット数が変わってくるので注意してください。

ストップロスとテイクプロフィットに関しては後から設定を変更できるので、最初に入力しなくても大丈夫です。

これらを入力し終わったら、あとは売り(赤いボタン)・買い(青いボタン)をクリックするだけとなります。

もちろん売りと買いの選択に関しては後から変更することが出来ませんので、このあたりはしっかりと理解しておきましょう。

XMでの売買方法②指値・逆指値注文

続いて指値・逆指値という売買方法について見ていきます。

指値・逆指値は現在のレートから離れた地点に注文を置く方法です。

自分がチャートを見ていられないときなどに利用する売買方法ですが、そのほか「分析の結果として〇〇円までレートが動いたら値戻りが起きるはずだから、そこに合わせて注文を出しておこう」といった形でも使われます。

こちらの売買方法を指定するときには上の赤枠を「指値・逆指値」にして、その下の部分で「指値買い・指値売り」を選んでいきます。

なお、ウェブトレーダーで注文を出す場合は指値買い・指値売りなどが英語で表記されていますので以下を参考にしてください。

  • BuyLimit:指値買い
  • SellLimit:指値売り
  • BuyStop:逆指値買い
  • SellStop:逆指値売り

そのほかに「Buy/Sell StopLimit」という売買方法があるのですが、初心者の場合だとあまり使う機会がないかと思います。(逆指値に指定した価格に到達後、さらに指値に指定した価格になると注文が通る方法)

ちなみに指値・逆指値注文をおこなうときには一定以上の価格差がないと注文が通せません。

つまり、現在のレートからあまりにも近い価格では指値・逆指値注文が出せないということです。

初心者の方が「指値・逆指値注文が出せないんだけどなんで??」となるときはだいたいこれが原因なのでよく覚えておきましょう。

そして、必要な情報をすべて入力したらあとは下部にある「発注ボタン」を押すだけです。

成行注文とは違って買い・売りは事前に入力しておくので、そこだけは間違えないようにしてください。

まとめ:XMの売買方法はとても簡単!初心者でもすぐ使いこなせる【口座開設をしてみよう】

ノート パソコン, 手, 書きます, インターネット, ネットワーク, 社会, 社会的ネットワーク, 大陸

XMで口座開設をする

XMでの売買方法に関して基本的な部分をご紹介してきました。

初心者の方であれば最初は分かりやすい成行注文から始めてみてください。

段々と慣れてきたら指値や逆指値といった売買方法を試してみましょう。

-トレード手法
-, , , , , , , ,