XMの口座開設で審査落ちすることってあるの?

海外FX業者のXMを利用して数年が経ちますが、最近新しくXMに登録をしようとした方が流している「口座開設で審査落ちをした」という口コミを発見しました。

私がXMの口座開設をしたときは非常にスムーズに口座開設がおこなえたのですが、実際に審査で落ちるということがあるのか?という疑問を持っている新規ユーザーも多いことでしょう。

そこで、今回は「XMの口座開設で審査落ちをする理由」をご紹介していきたいと思います。

これを見れば安心して口座開設がおこなえるはずですので、一度口座開設でダメだったという人も含めてぜひチェックをしていってください。

スポンサードサーチ

XMの口座開設で審査落ちはある?

XMで口座開設をする

それではXMの口座開設時における審査落ちの理由を見ていきたいと思いますが、まず「XMで審査に落ちる」ということが本当にあるのか?という部分について触れておきます。

先に結論から申し上げておきますと、

XMは海外のFX業者であり、国内FX業者と比べて口座開設に掛かる手順がシンプルでゆるいとされていますが、審査に落ちることはあります。

「海外FX業者は日本の業者より簡単に口座開設ができるって聞いたのに…」

といったユーザーもいるかもしれませんが、基本的にはXMでの口座開設における審査基準は日本のFX業者より甘めです。

例を挙げると、「金融取引における予備知識テストがない」「本人への電話確認がない」など、審査はゆるめで手間という部分では圧倒的にXMで口座開設をした方が楽です。

しかも、口座開設までの手順もシンプルで、すべてインターネットを通じて入力を完了させることができるため、非常に便利と言えるでしょう。

XMの口座開設で審査落ちする理由は?

本サイトではXMの口座開設をおすすめしているわけですが、基本的にはスムーズに口座開設できる方が大半です。

それではどうして審査で落ちてしまった人がいるのか?というのが気になる部分だと思いますが、これにはいくつかの理由が考えられます。

<XMの口座開設で審査落ちする理由>

  • 本人確認書類として認められていないものを送った
  • 本人確認書類のスキャン・撮影の時点で不備があった
  • 自分で入力する住所情報を間違っていた

上記が主な審査落ちの理由として考えられていますが、ひとつずつその原因と対応策を見ていきましょう。

本人確認書類として認められていないものを送った

XMで口座開設をするためには、顔写真付きの本人確認書類と住所が分かる書類の2つを送る必要があります。

このうち、住所が確認できる書類というのは公共料金の明細などが挙げられるのですが、こちらについての不備というのはあまりないかと思います。
(公共性が高く住所が確認できる書類であれば基本的にはOK)

しかし、顔写真付きの本人確認書類というと提出できるものが限られてきますので、不備が生じる可能性があります。

ちなみに、XMで有効とされている本人確認書類は以下の通りです。

<XMの口座開設における有効な本人確認書類>

  • パスポート
  • 運転免許証(住所証明書との併用不可)
  • マイナンバーカード(住所証明書との併用不可)
  • 写真付き住基カード
  • 外国人登録証/在留カード
  • 障害者手帳

これらの書類を送っていれば大半が問題ないと判断されるのですが、上記以外の書類を送った方の場合は「確認書類の不備」という理由で審査落ちをすることがあるようです。

こちらは実際に審査落ちをしたという方に送られてきたXMからのメールなのですが、どうやらこの方は「住民基本台帳カード」を本人確認書類として提出したようです。

住民基本台帳カードというのはそもそも顔写真が付いていないのでXMに提出する本人確認書類としては使えません。

また、パスポートや運転免許証などXMで認められている本人確認書類でも、「有効期限が切れている書類」を送った場合は審査に通らない可能性が高いです。
(というよりおそらく認められないと思います)

本人確認書類は先ほどご紹介した有効なものを選び、期限内かどうかをチェックしてからアップロードするようにしましょう。

本人確認書類のスキャン・撮影の時点で不備があった

有効な本人確認書類であったとしてもパソコンやスマホからアップロードする際に、全面がしっかりと写っていないと「書類不備」と判断されることがあります。

書類を送るときには、「書類が斜めになったりしていないか」「フラッシュで光が映り込んでいないか」「スキャンの際にボケていないか」「シワがよっていないか」などに注意をしましょう。

自分で入力する住所情報を間違っていた

ここまでに紹介したように、XMへアップロードする本人確認書類は完璧で不備がなかったという方でも、そもそも自分で入力した住所情報が間違っていたというケースもあるようです。

XMでは住所入力の際にローマ字入力が必須となっていますので、ローマ字の間違いによって審査が通らず落ちてしまうということもあります。

そのため、ローマ字に不安のある方はJuDressのようなローマ字変換サイトを使ってみてください。

まとめ:XMの口座開設で審査落ちする理由の大半は書類の不備

XMで口座開設をする

ご覧いただいてきたように、XMの口座開設で審査落ちするケースは「書類の不備」というのがもっとも多い理由と考えられています。

そのため、まずはXMに認められている書類をすべてチェックしてから口座開設に臨むようにしましょう。

と言っても、基本的にはXMの口座開設は簡単でシンプルなものですので、そこまで不安になる必要もありません。

ぜひ、本サイトで取り上げているほかの記事もよくチェックをして、口座開設をしてもらえればと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です