XMで口座開設した場合の「残高とクレジットの違い」について解説!

このサイトでは海外FXに興味がある方に対して、日本人登録者数ナンバーワンの海外FXブローカー「XM」をおすすめしています。

そんなXMですが、口座開設をする前にはいくつか知っておきたいポイントもあります。

そのうちのひとつが「残高とクレジットの違い」についてです。

XMで口座開設をすると、取引に使うお金というのは「(現金)残高」と「(ボーナス)クレジット」の2つに分けられます。

この2つは合算されて有効証拠金扱いになるのですが、それぞれには異なる特徴がありますので、その違いを解説していこうというわけです。

これから初めてXMを利用するという方は、ぜひその内容をチェックしていってください。

スポンサードサーチ

XMでの「残高とクレジットの違い」について【口座開設前にぜひチェックを】

オンラインバンキング, オンライン, 銀行, ユーザー名, パスワード, コンピュータ, ラップトップ

XMで口座開設をする

XMで口座開設をすると自分のMT4口座というものが作られます。(MT5も同様)

このMT4の口座には2種類のお金が存在します。

それが「(現金)残高」と「(ボーナス)クレジット」です。

2つともFX取引に使えるという意味では同じお金なのですが、この2つのお金には異なる特性があります。

その違いを解説していくのがこの記事の趣旨となっていますが、まずはこちらの画面をご覧ください。

こちらはスマホ版のMT4画面です。

映っているのは今は使っていない口座の残高画面なのですが、「残高」と「クレジット」という表記があることが分かりますよね。

この2つのお金は以下のような形で分けられています。

残高 自分が銀行やクレジットカード、ビットウォレットなどから入金した実際のお金
クレジット 口座開設ボーナス、入金ボーナス、XMPからの変換によって得られるお金

ご覧のように「残高」というのは自分が入金した「現金」のことを表しているわけですね。

それに対して「クレジット」は、いろいろな「ボーナス」で受け取ったお金を表しています。

そして、この2つを合算した額が「有効額」というお金になります。

有効額というのは有効証拠金と言って、取引に利用出来るお金の総額を表すものです。

上の画像だと残高が0円でクレジットが4円なので、合算して「有効額」が4円となっているわけですね。

残高とクレジットがどうやって分けられているのかが理解できたところで、それぞれのお金について知っておいた方が良い知識を次に解説していきたいと思います。

XMの残高とクレジットの違いは「出金できるかどうか」にある

結論から言いますと、「残高」というのは「出金ができるお金」で、「クレジット」というのは「出金できないお金」ということになっています。

つまりクレジットをいくら増やしても出金ができないので、利益にはならないということですね。

また、現金残高からお金を引き出すと、同じ割合の分だけクレジットは消失するという特徴も持っています。

<残高とクレジットの関係>

  • 「残高:10,000円、クレジット:10,000円」の場合に残高から5,000円を引き出すとする
  • この場合、残高と引き出すお金の割合は50%
  • そのため、クレジットからも50%分の金額が差し引かれて消失する
  • 結果、5,000円を引き出すと「残高:5,000円、クレジット:5,000円」となる

このようにクレジットは出金が不可となっていることに加え、残高からお金が引き出されることによって同じ割合だけ消失するようになっています。

そう考えると「クレジットって意味あるの?」と思ってしまうかもしれませんが、クレジットというのは有効証拠金の総額を増やしてくれる役割を持っているため非常に重要なお金なのです。

そしてなんと言ってもXMには「XMP」というオリジナルのポイントプログラムがあるので、そのXMPをクレジットに交換するときこそクレジットがおおいに役立ちます。

XMは残高がなくてもクレジットだけで取引ができる【XMPの有効活用】

XMでは残高がたとえゼロ円でもクレジットさえあれば取引が出来ます。

そして、クレジットというのはXMPを交換しても貰えるので、仮に一度残高を全額を引き出してクレジットがゼロ円になったとしてもXMPを使えばまたクレジットの金額は増えるわけです。

※XMP=1ロット取引するごとに10~20XMPが貰える。XMPは「XMP÷3=ドル」の交換比率でクレジットと交換可能。

このシステムがあるところが、XMが他の海外FX業者より優れている点です。

他の海外FX業者の場合、ボーナスやキャッシュバックはすべてクレジットにいってしまいます。

そのため、貯蓄しておくことが出来ないのです。

しかし、XMの場合はキャッシュバックされたお金がXMPとなり、別で保管されることになります。

他社の場合は現金を引き出すとクレジットもすべて消失してしまいますが、XMだとクレジット交換前のXMPは消えることがありません。

また、XMPをクレジットに交換して「残高0円、クレジット10,000円」の状態から利益が出ると、その利益は残高へと反映されます。

つまり貯蓄しておいたXMPをクレジットに交換して利益を出せば、その利益は引き出せるようになるというわけです。

クレジットはそのままでは引き出せませんが、こうした使い方をすれば実際の利益となり現金として受け取れるようになるのです。

まとめ:XMでの残高とクレジットの違いを理解して賢く稼ごう!【今すぐ口座開設へ】

財布, クレジット カード, 現金, お金, プラスチック, 銀行, カード, 貧しい, リッチ, お支払い

XMで口座開設をする

XMで口座開設をする方のために、「残高とクレジットの違い」についてご紹介してきました。

2つの違いをよく知ることで賢い取引が出来るようになるということが分かってもらえたのではないでしょうか。

ぜひ、これからXMを利用するという方はこの記事を参考にしていただき、無駄のないクレジットの使い方をしてもえらればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です