ストップ狩りがなく安心して口座開設できる海外FX業者は「XM」!

FXトレードをおこなっていると、たまに「ストップ狩り」と見られるチャートの動きで損失を出すことがあります。

ストップ狩りの大半は大口トレーダーによる大量の注文が原因と考えられていますが、実はFXブローカー側が意図的に操作しているとの噂もあるのです。

そこで、この記事ではFXトレードにおけるストップ狩りの概要や特徴、またどうやってストップ狩りを回避すればいいのか?ということをご紹介していきます。

なお、本サイトでおすすめしているXMではこれまでに意図的なストップ狩りがおこなわれたことががありません。

そうした点も含めて、これから海外FXに挑戦するという方は「ストップ狩り」に関する知識を深めていってください。

スポンサードサーチ

ストップ狩りとは何か?基本的な内容や回避方法について【XMなら安心して口座開設が出来る】

価格の開発, 分析, グラフ, チャート, ノートブック, コー​​ス, 表示, トレンド, 開発

XMで口座開設をする

ストップ狩りというのは、多くの小規模個人トレーダーがストップロスを設定しているであろう数値を狙って、大口のトレーダーが意図的に大量の注文を出し「ストップロスを強制的に引き起こす行為」のことを指します。

個人トレーダーの注文が大量にストップロス決済されると、チャートの値動きというのは非常に活発になります。

その値戻りを予測している大口トレーダーが反発する値動きで利益を得るというのがストップ狩りの大まかな内容です。

<ストップロスとは>
注文をするときやポジションを保有しているときに設定できる数値。
価格が〇〇円まで達したらそれ以上の損失を防ぐために決済するよう事前に仕掛けておくもの。

相場の値動きにはある程度の規則性がありますので、トレーダーがストップロスを設定するポイントというのは似通ってきます。

そして、そのストップロスが多く設定されているであろう価格帯を狙って、100億円や200億円といった大金を動かせるトレーダーが意図的に大量の注文を出し、価格を操作することをストップ狩りというわけですね。

いきなり価格が大きく変動すると個人トレーダーなどは対応することが難しく、結果として不要なストップロス決済による損失を抱えてしまうことになります。

とは言え、これ自体は違法な行為ではありません。

大金を持つ大口トレーダーだからこそ出来る取引テクニックのひとつとされ、昔から認められている行為となっています。

問題はこのストップ狩りというチャート操作をFX会社側がおこなっている場合です。

FX会社によるストップ狩りとは?【XMでは絶対に起こらない理由についても解説】

為替のチャートというのは利用するFX会社のサーバーによって微妙にその動きが異なります。

これはそれぞれの投資商品に関する価格データを取得する場所が違うからなのですが、そのほか注文方法によっても異なってきます。

<NDD方式とDD方式>

  • NDD方式:顧客の注文をダイレクトにインターバンク(市場)へ流し注文を履行させる
  • DD方式:顧客の注文を一旦FX会社が確認し、それをインターバンクの注文と照合させ履行させる

なお、海外のFX業者はNDD方式、国内のFX業者は方式を採用していることが一般的です。

そのため、チャート操作によるストップ狩りは国内FX業者で起こることが多いと言われているわけですね。

もちろんFX業者がチャートの操作を認めることはありませんし、それを一顧客が確認することは出来ません。

ただし、明らかに他のFX業者と違うチャートの動き方をしているということは分かるわけです。

こうしたことからFX会社の信用度に差が生まれてくるのですが、もちろんXMはNDD方式の海外FX業者ですからそういった不正チャート操作は絶対に起きません。

というよりもNDD方式の場合は注文をインターバンクに流すだけですので、商品の価格に触れることすら出来ないのです。

だからこそ安全性が高い業者としてXMは知られているわけですね。

ストップ狩りを回避するための豆知識【XM利用者向け】

XMを利用していればFX会社側からのチャート操作でストップ狩りに遭うことはありません。

ただし、大口トレーダーによるストップ狩りというのはどこの業者を使っていても起こり得ることです。

そこでなるべくストップ狩りによる損失を出さないために、ひとつだけ豆知識をご紹介しておきたいと思います。

その豆知識というのは「大口トレーダーは価格が動きにくく、スプレッドが広がるタイミングは狙っていることが多い」ということです。

たとえば日本時間の朝方だと価格はほとんど動きませんし、スプレッドが広くなる傾向にあるのですが、このときトレーダーは広がったスプレッドに対してストップロスを設定します。

とは言え、そこまで価格が動かないのでタイトなストップロス設定をすることが一般的です。

そうすると同じような価格帯にストップロス設定が溜まりますから、大口トレーダーからするとストップ狩りが狙いやすくなるわけです。

これを回避するためにはストップロスを広く設定しておくしかありません。

これまでに値動きが穏やかなときにいきなり価格が動きストップロス損失を出してしまったという方は、これが原因の可能性もあります。

そのため、価格があまり動いていないときこそストップロス設定に注意しておくことが大事と言えるのです。

まとめ:XMからの意図的なストップ狩りはない!安心して口座開設ができる!

契約, ビジネス, ファイナンス, 株式, ハンドシェイク, パートナーシップ, 販売, 貿易, 外国為替

XMで口座開設をする

ご覧いただいたようにXMでは業者側からの意図的なストップ狩りが発生しないようになっています。

そのため初心者の方やこれまでストップ狩りの被害に遭ってきたという方にも自信を持って口座開設を勧めることが出来ます。

また、余計な損失をこれ以上出したくないというトレーダーの方もぜひXMを利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です