XMの口座開設がおすすめ!日本のFX業者との違いは?【取引条件や公平性など】

これからFXに挑戦しようとしている人の中には、海外FXサイトと日本のFXサイトのどちらを選ぶかで迷っている人もいることでしょう。

そこで、ここでは海外FXサイトの代表格でもある「XM」と日本のFXサイトをいろいろな角度から比較していきたいと思います。

なぜ多くのトレーダーがXMを選んでいるのか?という点を理解していただいた上で、ぜひ実際に口座開設をおこなってみてください。

スポンサードサーチ

XMと日本のFX業者の違いを徹底解説!口座開設がおすすめされる理由とは?

ノート パソコン, ノートブック, 男, 実業家, トレーニング, 開発, スキル, ことができます, 学ぶ

XMで口座開設をする

最初に結論から申し上げておきますと、XMと日本のFXサイトを比較すると「確実にXMの方がトレーダーに有利」ということが分かります。

その理由をこれから解説していくわけですが、一番大きなポイントは「ゼロカット」というシステムの有無です。

ゼロカットというのはトレーダーの口座残高がマイナスになったときに、そのマイナス分の金額を補填してくれるシステムのことを指します。

たとえば大きな為替変動があったときに口座残高がマイナス1万円になったとしましょう。

そのときにおけるXMと日本のFXサイトの対応の差がこちらです。

<ゼロカットありのXMとゼロカットなしの日本のFXサイト>

  • XMはマイナス1万円を帳消しにして残高をゼロにリセットしてくれる
  • 日本のFXサイトは追加保証金(追証)という形で入金を催促してくる

いかがでしょうか?

どう考えてもXMの方がトレーダーにとって安心で、有利な取引条件を提示してくれていることが分かりますよね。

正直、これだけでもXMを選ぶ理由になるのですが、ほかにも様々な点でXMの方が優れているということを解説していきます。

XMと日本のFXサイトの違い①XMの方が圧倒的にレバレッジが大きい

海外のFXサイトと日本のFXサイトの大きな違いは先ほどもご紹介したゼロカットの有無となりますが、このレバレッジの圧倒的な差というのも理解してもらいたいポイントです。

XMでは最大888倍というレバレッジを実行して取引ができます。

それに対して日本のFXサイトはどの業者も一律で25倍までです。

これは日本の法律によって定められていることなので、例外はありません。

そしてこのレバレッジの差がどういったところに影響するかと言いますと「必要となる資金」に違いが出てきます。

たとえば通貨ペアFXの主な銘柄である「ドル円」を取引するときの必要証拠金額を比較してみましょう。

<ドル円レートが110円、1万通貨を取引する場合>

XM 日本のFXサイト
レバレッジ 888倍 25倍
必要証拠金 1,200円程度 44,000円
ロスカット 20% 50%~100%

日本のFXサイトでは大半の業者が1ロット=1万通貨と設定していますので、日本のFXサイトに合わせて必要となる資金の額を比べてみました。

ご覧のようにXMなら1ロットあたりたったの1,200円程度で取引出来ることが分かります。

日本のFXサイトの場合は1ロット分の取引をするのに4万円以上掛かりますので、これではサラリーマンが副業でFXを始めるにもハードルが高くて気軽には参入できません。

ちなみにXMを含め海外FXサイトでは1ロット=10万通貨で取引をおこなうことになりますが、たとえ10万通貨になったとしてもXMの方が必要となる資金が低いことも分かるはずです。(10万通貨の取引をしても12,000円程度)

そして、この圧倒的とも言える必要資金の差により、多くのトレーダーがXMを選んでいるわけです。

XMと日本のFXサイトの違い②XMの方が自動売買における自由度が高い

XMと日本のFXサイトを比較してみると、自動売買における自由度という点も注目すべきポイントとなってきます。

<XMと日本のFXサイトにおける自動売買の扱い>

  • XMはとにかく自由、MT4を自分でカスタマイズしてもOK
  • 日本のFXサイトは自社から提供する自動売買システムを推奨してくる

XMでは自由に自動売買ツールが選べるので、そこには選択権というものがあります。

しかし、日本のFXサイトの場合は自社から提供する自動売買システムしか使えないところも多く、正直トレードにおける公平性に欠けます。

こうした条件ではトレーダーが安心して自動売買を出来るわけがありませんので、自由にツールを選べるXMの方が確実にフェアだと言えるでしょう。

XMと日本のFXサイトの違い③口座開設するのもXMの方が簡単

XMと日本のFXサイトでは、単純に口座開設の手間という点にも違いがあります。

XMはすべての口座開設手続きをオンラインで即日に済ませることが可能で、郵送物などもいっさい届きません。

それに対して日本のFXサイトは電話確認や郵送物によるIDの付与、また口座開設に掛かる日数が数日から1週間程度と手間が非常に掛かります。

FXをやってみたいと思い立ったとき「すぐに口座開設が出来るはどちらか?」と聞かれれば、どう考えてもXMと答えるでしょう。

まとめ:XMと日本のFXサイトを比べたらXMの方が口座開設におすすめということが分かった

学ぶ, 学校, 語学教育, 言語, ドイツ語, 英語, フランス語, ポルトガル語, スペイン語, 学生

XMで口座開設をする

XMと日本のFXサイトのどちらを選ぼうか迷っている方に対して、それぞれの違いをご覧いただきました。

見て分かるようにどう考えてもXMの方がトレーダーにとって有利な条件ばかりですので、ぜひ口座開設をするならXMを選んでみてください。

ちなみにXMは海外のFXサイトですが、日本語サポートも万全なので困ることがいっさいありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です