XMのスタンダード口座とマイクロ口座の違いを解説!【口座開設前に要チェック】

これからXMの口座開設をおこなおうと考えている方にとって、最初に選ぶ「口座タイプ」というのは大切なポイントです。

XMではスタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座という3つの口座タイプを用意しています。

中でもスタンダード口座とマイクロ口座というのは非常に似ている口座タイプです。

そのため、「どういった違いがあるの?」という疑問を持っている人も多くいます。

ちなみにそれぞれの口座タイプの基本的な違いは下記の記事でも紹介していますので、ご覧になってみてください。

XMの口座開設における「口座タイプ」の違いとは?

このページではさらに一歩進み「スタンダード口座」「マイクロ口座」において必要となってくるお金のことについて話をしていきます。

自分が投資に回そうと思っている金額を考慮しながら、それぞれの口座タイプを選んでみてください。

スポンサードサーチ

【口座開設前に】XMのスタンダード口座とマイクロ口座の違いは?お金はいくら必要?統計情報, 矢印, ビジネス, 会社, コンセプト, 共同の努力, チームワーク, 方向, 客観, 屋外

XMで口座開設をする

ここでは、XMのスタンダード口座とマイクロ口座の違いをお金という観点から見ていきます。

ただ、その前にそれぞれの口座タイプの特徴をまずはご確認ください。

スタンダード口座 マイクロ口座
取引手数料/LOT 無料 無料
最大レバレッジ 888倍 888倍
1LOT単位 10万通貨 1000通貨
最大取引サイズ 50LOT
(500万通貨)
100LOT
(10万通貨)
最小取引サイズ 0.01LOT(1000通貨) MT4=0.01LOT(10通貨)
MT5=0.1LOT(100通貨)
ボーナス付与 対象 対象
平均スプレッド ドル円2.0pips ドル円2.0pips

※ゼロ口座に関してはやや特殊なのでここでは比較しません。

ご覧のようにXMのスタンダード口座とマイクロ口座には違いがほとんどありません。

そのため、正直どちらを選んでも大差はないと言えます。

ただし、実際に口座開設をしてみると使い勝手に大きな違いが出てきます。

特に初心者トレーダーがいきなり海外FXにチャレンジをする場合は、なるべくマイクロ口座を選ぶようにした方が良いです。

というのも、スタンダード口座とマイクロ口座の大きな違いは1ロットにおける取引量なのですが、この差が100倍もあるからです。

たとえばあなたがXMの口座開設をおこない、最初に1万円を入金したとしましょう。

そして手始めに1ロット分のドル円買いポジションを注文したとします。

このとき、マイクロ口座であればまだまだ証拠金に余裕がありますが、スタンダード口座だとなかなかシビアな計算が必要となってきます。

この違いを次に実際の金額に換算しながら説明していきましょう。

XMのスタンダード口座とマイクロ口座の違いは1ロットに掛かるお金の大きさ

スタンダード口座とマイクロ口座のロット単位は以下のようになっています。

  • スタンダード口座:1ロット=10万通貨
  • マイクロ口座:1ロット=1000通貨

これを実際の金額に換算しつつ、必要となる証拠金の額などを見ていきたいと思います。

まずは、スタンダード口座で1ロット分のドル円(110円と仮定)を保有した場合の必要証拠金や維持率をご覧ください。

【証拠金の計算式】

証拠金維持率= 有効証拠金(口座内資金 + 含み損益) ÷ 必要証拠金(レート × 取引数量 ÷ レバレッジ) × 100

⇒ 10,000円÷(110円×10万通貨÷888倍レバレッジ)×100 = 10,000円÷12,387円(必要証拠金額)×100

⇒ 80%(証拠金維持率)

スタンダード口座の場合、資金1万円で1ロット分のドル円を保有すると、それだけで「証拠金維持率が100%を切る」ことになります。

XMの強制ロスカット水準は20%ですので、まだ多少の余裕はあるもののやや不安な感じがしますよね。

これがマイクロ口座だった場合は、単純に必要証拠金が1/100になり、証拠金維持率が100倍になるので非常に安心です。

その分、利益は1/100になるものの初心者トレーダーがいきなり取引を始めるにはやっぱりマイクロ口座の方が安全と言えます。

もちろんスタンダード口座で0.01ロットと指定して注文をすればマイクロ口座1ロット分相当の取引が出来るので、別に問題はないと言えるのですが、実際にMT4・MT5を使って取引をしているとかなり面倒に感じます。

しかもマイクロ口座の場合は最小ロット数が0.01(MT5の場合は0.1)と極小です。

このページをご覧になっている初心者トレーダーの方がFXの勉強をするなら、まずはこうした少ないサイズから取引を始めた方が「すぐにリタイア」することもありませんのでおすすめしています。

最初はマイクロ口座から始め、だんだんと利益が大きくなってきたらスタンダード口座に移行していくというのが低リスクなパターンですので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:【口座開設前の方へ】XMのスタンダード口座とマイクロ口座では1ロットに掛かる金額が違う!

紙幣, Dollar, Usドル, Us-Dollar, お金, 資金, 札, 紙のお金, 金融

XMで口座開設をする

実際にXMを利用してFXトレードをしている人間からすると、初心者トレーダーがいきなりスタンダード口座を使うメリットというのはあまりありません。

もちろん100万円ほど投資に回せるなら別ですが、数万円から十数万円といった資金でFXを始めるなら確実にマイクロ口座を選んでおいた方がリスクを抑えられます。

ちなみにどちらの口座タイプもボーナスには対応しているので、どちらが損をするということもないですね。

こうした2つの口座タイプの金銭的な違いを参考に、最初の口座タイプを選んでもらえればと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です