XMで口座開設をすれば0円スプレッドの取引が可能

海外FXにチャレンジをするならスプレッド0円で取引をすることができるXMがおすすめです。

通常、FXでスプレッドが0円になることはありませんが、XMではスプレッドが0円になることもある口座を用意しています。

ここでは、そんなXMの0円スプレッド口座についてご紹介していきますので、ぜひスプレッド負けをしたくないトレーダーの方は参考までにご覧になっていってください。

スポンサードサーチ

XMで口座開設をすれば0円スプレッドでの取引ができる

0, 番号, 桁, ゴールデン, ガラス, ボリューム

XMで口座開設をする

FXをする場合、スプレッドの幅がどれくらいあるのかというのは死活問題です。

スプレッドの幅が広ければそれだけ大きな値動きをしなければ利益にならないということですから、スプレッドというのは狭ければ狭いほどトレーダーにとって有利となります。

そんなスプレッド幅において、XMではその差額が0円となる口座を用意しています。

それがいわゆる「ゼロ口座」と呼ばれるものです。

ゼロ口座では通常のスプレッドよりもはるかに狭いスプレッドを提供してくれるのですが、「入金ボーナスが受け取れない」というデメリットがあります。

しかし、反対にいえば入金ボーナスを使いきったあとであればゼロ口座を開設した方がお得に取引がおこなえるということです。

もちろんすべてにおいて「絶対ゼロ口座の方が良い!」とは断言できませんが、それでもゼロ口座には以下のような魅力があります。

<0円スプレッド取引ができるゼロ口座の魅力とは?>

  • スプレッドが極狭
  • 手数料が掛かるが経費として計上可
  • 約定が早い

こちらがゼロ口座を利用するメリットですが、まずはもちろんスプレッドが極狭であることが最大のメリットです。

通常であれば1.5~2pipsほどあるスプレッドが、ゼロ口座だと0.1pipsほどになり、ときには実際に0になることもあります。

ただし、ゼロ口座を利用する場合はスプレッドの代わりに手数料が掛かります。

「それではスプレッド0円の意味がないのでは?」と思われるかもしれませんが、手数料はスプレッドと違って経費として申告が可能です。

そのため、年間で同じような利益が出た場合、ゼロ口座とほかの口座では掛かってくる税金が若干違ってくるわけです。

簡単にいえば手数料分だけ課税対象となる利益が少なくなるということですね。

また、手数料を差し引いたとしてもほかの口座よりトータルの取引コストは安いということを覚えておいてください。

そして、ゼロ口座はマーケットでトレードをおこなっている人との直接取引となるECN方式に則って売買がおこなわれます。

これによってスプレッド0円というのが実現するのですが、ほかにも約定スピードが早くなり、確実に約定がおこなわれるというメリットも出てくるのです。

こうした0円スプレッドで取引ができるゼロ口座ですが、FX初心者の中には「いまいち何がすごいのかまだ分からない」という人もいるかもしれません。

そこで、さらに0円スプレッドというのがどれだけお得なのかを分かりやすく解説していきます。

XMの0円スプレッド口座開設の魅力的なところ

先ほども触れましたがスプレッドというのはFX取引をおこなう上で非常に重要な部分です。

スプレッドの幅が広ければそれだけ負けやすく、特に初心者の場合はいいカモにされてしまいます。

そこで知っておきたいのがスプレッドがどう作用するのかについてです。

こちらはMT4の取引画面です。

見やすいようにローソク足だけを表示させていますが、赤枠で指摘している幅がスプレッドとなります。

112.787円~112.771円という幅なので、0.016円がスプレッドです。

ドル円の場合は0.01円が1pipsなので、1.6pipsのスプレッドと言い換えることができます。

1.6pipsというのはだいたい平均的なスプレッドですが、たとえば上の画面で短期的な取引をするとなると、ほどほどに大きな値動きがないとあまり利益になりません。

画像の時点で上がり下がりが続いているので、そろそろ買いポジションでエントリーをしたとしましょう。

通常の口座であれば赤線の買値でエントリーをすることになりますので、112.787円で買うことになるわけですね。

そして、その後にレートが上がった場合、それまでと同じ傾向で値動きをしたとすると、だいたい上の赤線・青線まで価格が上がります。

このときの利益幅というのは上がったあとの売値である青線部分です。

「112.787円⇒112.830円(0.043円)」が利益となります。

次は同条件でゼロ口座を利用した場合です。

スプレッドが0円の口座だと、先ほどと比べてこれだけ利益が大きくなります。

数字で表すとだいたい「112.780円⇒112.840(0.06円)」です。

1通貨で0.06円と0.043円の差があるということは、1ロット10万通貨で取引をしたとすると6,000円と4,300円ですから、1,700円の差が生まれることになります。

これを10倍や100倍として計算すればかなりの差額となることが分かると思いますが、このようにスプレッドが0円に近ければ近い方が圧倒的に取引の上では有利になるということです。

まとめ:XMで口座開設をするなら0円スプレッドの口座もおすすめ

0, パーセント, 統計, お金, 記号, シンボル, 販売, 割引, 提供します, アイコンを, 割合

XMで口座開設をする

0円スプレッドの口座がどれだけ利益を生みやすいのかを説明してきましたが、XMで口座開設をするときには先に普通のマイクロ・スタンダード口座で入金ボーナスをすべて消化してからゼロ口座を利用するようにしましょう。

その方がお得ですからね。

このようにFXをおこなう際には賢く口座タイプを選ぶことも重要ということになります。

ぜひあなたもXMで0円スプレッドの取引にチャレンジしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です