XMで口座開設をするならドル円から為替を勉強しよう!【スプレッドやスワップなど】

海外FXに興味がある!という人にぜひともおすすめしたいのが「XM」です。

XMは最大レバレッジ888倍、追証あしのゼロカットシステム対応で安心してFX取引がおこなえます。

そんなXMの口座開設を検討している方の中には「口座開設をしても何から始めたらいいか分からない…」という、超ビギナートレーダーの方もいるはず。

そこで、ここではXMで口座開設をおこなう際に勉強しておきたい為替取引の知識について「ドル円」から学んでいこうと思います。

ドル円はFXの基本でもあり、そのほかの銘柄を取引をする際にもひとつの指標となる銘柄です。

ぜひ、こちらの内容を参考にFXデビューを果たしてみてください。

スポンサードサーチ

XMで口座開設!まずはドル円の取引で基本を学ぼう!

「ドル円 フリー素材」の画像検索結果

XMで口座開設をする

「ドル円」というのは、これからXMの口座開設をしようとしている方、そして初めてFX取引をする方にとって基本となる通貨ペアです。

なお、詳しく書くとドルにはオーストラリアドルやカナダドルといったものがありますが、この記事でのドル円というのはアメリカドルを前提としていますので覚えておいてください。

さて、それでは為替の基礎知識をドル円から勉強していきますが、ドル円というのは日本人にとってももっとも馴染み深い通貨ペアです。

ニュースなどを見ていても「本日のドル円は110円から111円の間で値動きをし…」といった文字や言葉を見聞きする機会が多いと思います。

そんなドル円は日本人がFX取引を始める際に最初に学ぶべき通貨ペアですので、その特徴を詳しく見ていきましょう。

まず、ドル円という為替の見方ですが「ドル円が110円30銭」といわれたら1ドルが110円30銭ということになります。

そして、この価格が上がると「円安」下がると「円高」といわれるわけです。

なんとなく価格が上がっているのに円安、下がっているのに円高と表示されるのは不思議に感じるかもしれませんが、一例を挙げるとこういったイメージとなります。

例)1万円をドルに換算する場合

  • 1ドル=100円のとき、ドルに換算すると100ドルになる
  • 1ドル=90円のとき、ドルに換算するとおよそ111ドルになる
  • 1ドル=110円のとき、ドルに換算するとおよそ91ドルになる

このように1ドルあたりの日本円価格が下がった方が多くのドルと交換できることから円高、上がった方が少なくなるため円安といわれています。

なお、この価格の変化をシンプルにいいますと、日本の景気がよくなれば下がり、アメリカの景気がよくなれば上がるといったイメージです。

どちらの国の通貨がより多くの人たちに支持されるかによってその価値は変わり、その値動きに対して投資をするのがFXの基本となっていますので覚えておきましょう。

XMで口座開設をしてドル円の取引をするときの条件

ドル円の基本的な関係が分かったところで、実際にXMで取引をするときの条件を見ていきます。

こちらはXMのスタンダード口座でドル円を取引するときの条件です。

下の「USDJPY」というのがドル円の項目となり、マイクロ口座の場合はこの表記が「USDJPYmicro」となります。

ドル円はご覧のように平均スプレッドがほかの主要銘柄よりも比較的広めなところが特徴です。

これはある意味予想がしやすいからともいえますが、このスプレッドはそのときの為替相場の変動率によっても変わります。

次にスワップポイントですが、上画面を参考にするとドル円を買いポジションでエントリーした場合はスワップという為替金利差額が貰えて、逆に売りでエントリーすると支払うことになります。

ちなみに、このスワップポイントは日をまたぐようにしてポジションを保有しているときに発生しますので、エントリーしたその日のうちに決済をしてしまえば資産に影響は出ません。

ドル円の動きからほかの通貨ペアの値動きを予想する

ドル円は日本人の視点から見てほかの通貨ペアの値動きを予想するのにも使えます。

たとえばドル円の価格が上がっているときには、ほかの円絡みの通貨ペアも同様の値動きを見せることが多くあるのですが、一例を挙げて説明してみましょう。

↑こちらはある日のドル円の動きをローソク足にしてチャート表示したものです。

↓そして次が同じ日のポンド円の動きを表したものになります。

おおまかに同じような動きをしていることが分かりますよね。

このようにドル円というのは同じ「ポンド円」や「ユーロ円」といった円絡みの通貨ペアと似た動きをすることが多いというのが基本的な特徴です。

ただし、ドル円の価格が下がりユーロ円の価格が上がるというときもあります。

これはドルへの不信感が強まり投資家たちが円やユーロに資産を移行させたという動きを表していますが、そうしたときの場合は「ユーロドル」という通貨ペアが顕著な値動きを見せますので確認するようにしましょう。

こちらは先ほどのドル円と同じときの「ユーロドル」のチャートですが、ご覧のようにユーロの価値が高まっていることが分かります。

つまり同じように価格は上がったものの、ユーロの方が人気だったということですね。

その後、価格はもとの位置まで戻る動き見せてからまた徐々に上がっていっていますが、こうした反発とその後の値動きというのもドル円から学んでおくとFX取引に役立ちます。

まとめ:XMで口座開設をして取引を始めるならまずはドル円から!

背景, 銀行のノート, 紙幣, 法案, ビジネス, 現金, 通貨, 米国ドル, ドル, ファイナンス, 緑

XMで口座開設をする

ご覧いただいたようにFX取引を始める際にはまずドル円から知識を深めていくと分かりやすいはずです。

XMの口座開設をした後も、最初はドル円から取引を始めるとほかの通貨ペアの値動きが予想しやすいといえますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です