XMの口座開設をするなら取引をする上でのルールを覚えておこう!

海外FX業者であるXMには888倍というハイレバレッジや追証なしのゼロカットなど魅力的な部分が多数ある代わりに、守らなければいけないルールというものも存在します。

しかし、これからXMの口座開設をおこなおうとしている人からすると未知なルールもたくさんあることでしょう。

そこで、ここではXMにおける取引上の基本的なルールを分かりやすく解説しながらご紹介していきますので、ぜひビギナートレーダーの方々は参考までにご覧になっていってください。

スポンサードサーチ

XMのルールとは?口座開設をして取引をおこなう際には必ず学んでおこう

ルール, ボード, サークル, フォント, 文句を言わない, 由来します, カスタム, 伝統, 税関

XMで口座開設をする

XMには当然のことながら利用規約というものがあります。

この利用規約というのがいわゆるXMを利用してFX取引をする上でのルールとなりますが、利用規約全文は英語で表示されているのでちょっと分かりづらいという部分は否めません。

そこで、これから口座開設をするという方にも分かりやすいよう、利用規約というルールの要点をまとめました。

<XMのトレードで禁止されている行為>

  • XM内の複数口座間における両建て
  • XM以外のFX業者の口座を使っての両建て
  • 複数人のグループによっておこなう両建てに準ずる行為
  • アービトラージ取引
  • 接続の遅延を利用しての取引
  • 指標発表時や窓開けを利用したハイレバレッジトレード

こちらがひとまずトレードをする上で禁止されているルールです。

先にこのルールをひとつずつ解説していきましょう。

XM内の複数口座間における両建て XMではひとり8個まで口座を持てるのですが、A口座でドル円を買い注文、B口座でドル円を売り注文といった形で両建てするのは禁止されています。
ただし、同一口座間での両建てはOKです。
例)A口座でドル円の買い注文、売り注文を同時におこなう
XM以外のFX業者の口座を使っての両建て XM以外のFX業者との間で両建てをすることも禁じられています。
一見バレなさそうなイメージがありますが、基本的にはバレて口座凍結・強制解約などの措置が取られてしまうので注意してください。
複数人のグループによっておこなう両建てに準ずる行為 FX仲間同士で両建てをすることも禁止されています。IPアドレス情報や位置、取引履歴における共通点などからバレることがあります。
また、同じEAを使っている場合などに疑いをかけられることもありますので注意しましょう。
アービトラージ取引 アービトラージとは裁定取引といった意味がありますが、ここでは別業者からビットコインなどを安く買ってXMで高く売るなどの行為を表わしています。、
接続の遅延を利用しての取引 サーバーの接続遅延が著しいタイミングでの取引を頻繁におこなうと、価格のズレを狙った取引と判断されるケースがあります。
指標発表時や窓開けを利用したハイレバレッジトレード 経済発表時や週明けで窓が開くタイミングでの取引ばかりをしていると規制対象となります。
特に普段はまったく稼動していない口座が金曜日のクローズ時間間際ばかりでトレードをしているとXM側から通知がきたりしますので注意しましょう。

上記のルールというのが、破ると口座凍結や強制解約といった重い阻止を取られるものです。

次に罰則は受けませんが覚えておいた方がいいXM独自のルールというものをご紹介していきます。

XMを賢く利用するためのルールとは

FX業者によってはスキャルピングトレードといって数分以内に約定・決済をする短期取引を受け入れていないところがありますが、XMではスキャルピングをOKとしています。

このように「知っておくと得をする」ようなルールも存在しますので、そちらもご覧になっていってください。

<XMを利用する上で知っておいた方がいいルール>

  • スキャルピングトレードが可能
  • 持ち越しトレードが可能
  • 自動売買ツールの使用が可能
  • XMが提供するシグナルが利用可能
  • ボーナスポイントだけでの取引が可能
  • マイナス残高はユーザーが支払わなくてもゼロにリセットされる

XMを利用するなら最低限知っておいてもらいたいルールが上記の通りとなっています。

しかし、一点だけ注意する部分は「持ち越しトレード」についてです。

持ち越しトレードというのは週末から週明けにかけてポジションを保有して取引をおこなうことを指しますが、先ほども禁止ルールで触れたように「窓開けだけを狙ったポジション保有」は不可となっています。

例)持ち越しトレードにおけるOK・NGの取引

  • 木曜日から保有しているポジションをそのまま持ち続けての持ち越しトレード⇒OK(通常の取引)
  • 長期的にポジションを保有し、何度も週末をまたいでいる⇒OK(スイングトレード、スワップ狙いのトレード)
  • 金曜日のクローズ時間ギリギリにハイレバレッジで資金目一杯のトレード⇒NG

つまり、「このユーザーは確実に窓開けのタイミングで一発大勝負に出ているな、ゼロカットを悪用しているな」と判断されたらNGということになります。

なお、それ以外の長期的な資産運用としての持ち越しトレードは可能ですのでご安心ください。

まとめ:XMで口座開設をするなら取引ルールを学び賢く利用しよう!

オフィス, スタッフ, スタンダード, ルール, 相談, ユニティ, 契約, ビジネス, コンセプト, 組織

XMで口座開設をする

ご覧いただいたようにXMにはいくつものルールが存在しますが、どれも通常の取引をしていれば抵触しないものばかりです。

そのため、特に心配する必要はありません。

ルールをしっかりと覚えておけば賢く利用することが出来ますので、ぜひ本文の内容を参考にXMのルールを把握してもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です