【口座開設前に確認】XMで窓埋めトレードは可能なの?

すでにFX取引をしている方の場合、XMでは「窓埋めトレード」が出来るのか?というのが気になるところだと思います。

なお、、これからFXを始めようとしている方にとっては、「窓埋めトレードって何?」という人もいることでしょう。

窓埋めトレードは場合によって禁止行為とみなされ、口座凍結などの処分が下される可能性があります。

そのため、新規口座開設者の方もぜひこの際に窓埋めトレードというものを理解してきましょう。

スポンサードサーチ

XMの口座開設前にチェック!窓埋めトレードって何?禁止されているものなの?

XMで口座開設をする

まずXMで窓埋めのトレードが出来るかどうか、先に結論を申し上げておきますと「XMでは窓埋めトレードが可能」です。

そのため、すでにFX取引をしていてXMに移動してきたいというトレーダーの方にも口座開設はおすすめとなっています。

そして、これからFXを始めようとしている新規ユーザーの方のために窓埋めトレードというものについて説明をしていきたいのですが、まずはこちらの画像をご覧ください。

こちらはFX取引をするうえで欠かせないローソク足という分析画面ですが、赤丸で囲ったところが大きく開いていることが分かりますよね。

これが「窓が開く」という状態です。

基本的には大きな経済指標が発表されたときや、重大な経済ニュースが流されたときなどに発生をしますが、週明けなど土日を挟むと多くの銘柄がこの窓開け状態で取引が開始されることになります。

窓埋めとは、この窓明け状態からもとの状態に戻ることを予想してトレードをする方法で、窓が開いた方向とは逆の動きに投資するひとつのトレーディング手段です。

ちなみに9割くらいの確率で窓埋め値動きがされるともいわれていますので、初心者にとっても非常に分かりやすいのが特徴でもあります。

しかし、なぜこうした窓埋めが発生するのかという理屈も知っておかないいけませんので、初心者の方に向けて窓埋めのロジックをご紹介しておきましょう。

<窓埋めがなぜ起こるのか>

  • 窓が開くことによって大半のトレーダーが利益確定をするため
  • 窓埋め狙いのトレーダーが週明けに大量のポジションを持つため
  • 窓開けによるロスを懸念するため

こうした理由が主な窓埋めがおきる要因と考えられますが、要するに大きな値動きに対して反発をするのが窓埋めトレードの狙いということだけ理解しておいてください。

窓埋めの種類や埋まらない窓について

窓埋めには下窓と上窓という2種類があり、さらに埋まらない窓というものも存在します。

下窓というのはレートが下落した状態になっているときの窓を指す言葉で、窓が戻ることを予想してロング(買い)注文を出します。

その反対が上窓となり、レートが上昇した状態のため、窓埋め方向に戻ろうとする動きを予想してショート(売り)注文を出します。

これが窓埋めトレードの基本的なやり方ですが、開いた窓というのはすべてが埋まるわけではありません。

中には埋まらない窓もあります。

それはどういうことかと言いますと、大きなトレンドが発生してそのまま上昇または下降していくことによって、窓を開けたままトレンド方向に値動きが進むことがあるということです。

そのため、トレンド発生時などに「必ず窓が埋まる」と勘違いして大きな取引をすると痛い目に合う可能性もありますので注意しましょう。

XMで窓埋めトレードは禁止されていないが条件がある

最初にXMでの窓埋めトレードは禁止されていないと紹介しましたが、実際には「窓埋めトレードばかりをすることは禁止されている」ということを覚えておいてください。

これはXMの利用規約にも記載されていて、実際には以下のようなことが判断されると取引停止や口座の解除といった措置が取られるようです。

「市場の高い変動性を利用した大幅な価格差から利益を得ることを目的とし、高レバレッジにてポジションを開くという行為や非常に高いリスクを伴う取引パターンを繰り返し行っていると判断された場合などには、注意喚起の他に口座の利用停止、閉鎖、及び決済の取り消しを行い、該当入金がある場合には資金を入出金に伴う手数料を差し引き後、入金元へ返す場合がある。」

引用ーXM公式HP

簡単に言えば「窓埋めトレードしかやっていないユーザーには利用自体をやめてもらいます」といった感じです。

これは多くのFX業者で同様の措置が取られていますので、飲み込むしかない条件だと個人的には思います。

ただし普段から普通に取引をしていて、たまに窓埋めトレードをするくらいなら問題はありませんのでご安心ください。

あくまで、窓埋めばかりをしている人を対象とした利用規約ということを理解しておきましょう。

まとめ:XMでは窓埋めトレードが可能!安心して口座開設をしよう

XMで口座開設をする

ご覧のようにXMでは経済ニュースの発表時における取引を認めていますので、実質的に窓明け後のトレードが可能ということが分かります。

これから口座開設をするという人も安心してトレードができますので、ぜひ利用してみてください。

ただし、ご紹介したように大きなトレンド発生時ばかりを狙って取引をしていると目を付けられてしまうかもしれないので、普段からちゃんとXMを使ってFX取引をしておくことが重要だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です