【口座開設】XMで残高がマイナスからゼロに戻る条件【ゼロカット】

海外のFX業者の中でもひときわ評価の高いXMですが、その理由のひとつには口座の残高以上の損失が発生しない「ゼロカット」というシステムが存在します。

ゼロカットというのは口座がマイナスの状態になると、そのマイナスをゼロに戻してくれるというFXトレーダーにとっては非常にありがたいシステムです。

しかし、ネット上では時折このゼロカットシステムがあるのに口座がマイナスのまま、という意見を見かけることがあります。

もちろん、このマイナス残高はその後にゼロに戻るわけですが、今回はそんなXMの口座残高がマイナスになったときの対処法やゼロカットの仕組みについてご紹介していきたいと思いますので、ぜひこちらの内容を参考に安心して口座開設をおこなってみてください。

スポンサードサーチ

XMでは残高がマイナスになるとゼロに戻してくれるので安心して口座開設ができる

XMで口座開設をする

それでは実際にXMで口座開設をした場合の、口座残高の動き方についてご説明していきたいと思います。

まず、XMでは残高の部分が3つのステータスで表示されます。

<XMの口座残高の見方>

  1. 残高
  2. クレジット
  3. 有効証拠金

この中でちょっと説明が必要なものが赤枠で囲ったクレジットという部分です。

クレジットというのは別にクレジットカードで入金した額などではなく、XMから貰えるボーナスを合算した金額となります。

XMでは入金ごとに100%または20%の入金ボーナスが付与されるのですが、そのボーナスというのはこのクレジットに貯まっていきます。

そして自分が実際に入金した額が残高で、この残高とクレジットの合計金額が有効証拠金ということになるわけですね。

今回お話をする口座がマイナスになる、というのは1の残高がマイナスになったときのことを指しています。

XMではこの残高がマイナスになるとゼロに戻るように対処してくれるのですが、それには一定の条件がありますのでそちらをまずはご覧ください。

<残高がマイナスからゼロに戻る条件>

  • クレジットで補填をしても残高がマイナスの場合
  • クレジットで補填をしてもマイナスで、さらに保有ポジションの含み益を計算してもマイナスの場合

この2つの条件が揃ったときにXMではゼロカットが執行されます。

ただ、これからXMの口座開設をしようとしている方の場合、ちょっと分かりづらいかもしれませんので、説明を加えていきたいと思います。

XMで口座がマイナス残高になる理由は?ゼロカットの意味を知ろう

FX取引には強制的なロスカットというシステムがあり、証拠金が不足すると自動的に決済が完了されます。

XMも例外ではなく、証拠金維持率が20%を切るとロスカット(取引する銘柄によっても異なる)となりますが、やはり大きな相場の値動きにおいてはマイナスのスリッページなどが発生して含み損が増加してしまうこともあります。

ちなみにこの証拠金維持率が20%というのは国内業者に比べて圧倒的に低い数字です。(だいたい50%くらいの業者が大半なので)

そのため、XMは残高がマイナスになりやすい業者とも言えるのですが、その分XMでは低資金で取引が出来たり、ゼロカットでマイナスを補填してくれるというメリットがあります。

このように、ゼロカットというのはマイナスにするのを防ぐものではなく、マイナスをゼロに戻すためのシステムということを理解しておいてください。

XMでマイナス残高がゼロに戻るときの条件

先ほど紹介したマイナス残高がゼロに戻るときの条件をもう少し詳しく見ていきますが、まずマイナスをゼロに戻してくれるというのは「有効証拠金すべてを足してもマイナスな状態」であるときだけです。

そのため、クレジットにボーナスなどが貯まっていると、そこからまずはマイナスを相殺していくことになります。

例)残高5万円 クレジット5万円 損失10万円の場合

残高5万円-損失10万円=マイナス5万円

⇒クレジット5万円-損失分のマイナス5万円=0円

これで相殺をしたことになりますので、ゼロカットは執行されずに補填が完了します。

例)残高5万円 クレジット5万円 損失20万円の場合

残高5万円-損失20万円=マイナス15万円

⇒クレジット5万円-損失分のマイナス15万円=マイナス10万円

残高の表示がマイナス10万円となり、その後しばらくするとゼロカットが執行されて残高がゼロに戻ります。

これがゼロカットの考え方です。

ただし、この残高・クレジット以外に含み益のある保有ポジションを持っていた場合は流れが変わってきます。

例)残高5万円 クレジット5万円 Aの取引で含み益15万円のポジションを保有中 Bの取引で損失20万円を計上した場合

残高5万円-損失20万円=マイナス15万円

⇒クレジット5万円-損失分のマイナス15万円=マイナス10万円

残高はマイナスだが、Aの取引がまだ未決済かつ含み益が15万円でマイナス10万円よりも多い金額のため、この段階ではゼロカットが執行されない。

このように保有ポジションにプラスのお金がある場合、ゼロカットというのは執行されません。

残高がマイナスになって有効証拠金が足りなくなるとAの取引は決済されることになるかと思いますが、その時点では

含み益15万円-マイナス10万円=プラス5万円

ですから、トレーダー側のマイナスを補填する義務はないという考え方になりますね。

残高の表示がマイナスのままの場合の対処法

基本的にゼロカットはXM側が自動的にやってくれるので、残高の表示がマイナスのままということはないのですが、それでもたまにシステムの遅れなどでマイナスのままの状態になることがあります。

放っておいても問題ないのですが、残高がマイナスのままだと不安という方は一度入金をしてみましょう。

入金をするとマイナスの表示が消えて、自分が入金した額分だけプラスになるはずです。

もちろんマイナスの金額に充当されることはありませんので安心してください。

まとめ:XMならマイナス残高を自動的にゼロに戻してくれる【安心して口座開設が可能】

XMで口座開設をする

ご覧いただいたようにXMでは口座残高以上のマイナスが発生しないように、ゼロカットという便利な機能が搭載されています。

これは国内業者にはないシステムでもありますので、どちらを選んだ方が初心者にとってありがたいのかは一目瞭然といったところでしょう。

ぜひ、新規FXトレーダーの方こそXMで安心の口座開設をおこなってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です