XMにおける保有ポジションの上限や注意点【口座開設前に確認】

XMの口座開設をおこなう際には、保有ポジションの上限や注意点なども確認しておきたいところです。

ということで、今回はこれからXMの口座開設をおこなおうとしている方のために、XMではどれくらいの量の取引が可能なのか?というお話をしていきたいと思います。

ちなみに、XMでは現在における世界中のトレーダーの保有ポジションをチェックできる「トレーダーダッシュボード」という機能も搭載されています。

ここではFXビギナーにとっても分かりやすく説明をおこなっていますので、どうぞ初心者の方こそご覧になっていってください。

スポンサードサーチ

XMの口座開設前に保有ポジションの上限や注意点を確認しておこう

XMで口座開設をする

それではさっそく、XMではどれくらいを保有ポジション上限としているのかを見ていきましょう。

まず「ポジション」というのは、約定後に反対売買などがされず未決済のまま残っている注文のことです。

保有ポジションにはどのFX業者でも上限というものが設定されているのですが、これはユーザーがありえないほどのポジション数を持つことで注文の数が高騰しないためとされています。

そんな保有ポジションの上限ですが、XMではひとつのアカウントにつき「200」までとなっていますので覚えておきましょう。

ちなみにこのポジションというのは、1ロットであろうが0.1ロットであろうがひとつの取引が約定されれば「1ポジション」と数えられます。

そのため、ポジション数の上限は200ですが、XMでは口座タイプによって最大10,000ロットまで保有することが出来てしまうのです。

<保有ポジションの上限と各口座タイプにおける最大ロット数>

マイクロ口座 スタンダード口座 ゼロ口座
1LOT単位 1,000通貨 10万通貨 10万通貨
最大取引サイズ 100LOT
(10万通貨)
50LOT
(500万通貨)
50LOT
(500万通貨)
最小取引サイズ MT4=0.01LOT(10通貨)
MT5=0.1LOT(100通貨)
0.01LOT
(1,000通貨)
0.01LOT
(1,000通貨)
最大保有ポジション 200 200 200

ご覧のようにスタンダード口座であれば、1ポジションにつき最大50ロットまで取引ができますので、これを保有ポジションの上限200と合わせれば

最大50ロット×200ポジション=10,000ロット

まで保有できることが分かります。

ちなみにこの保有ポジションというのはすべての口座タイプ・追加口座内で200ですから勘違いしないようにしましょう。
(自動売買ツールを追加口座で使っていると、ついつい保有ポジションの上限を超えてしまうことがありますので)

しかも、XMの1ロットは10万通貨ですから、大半の国内業者における1ロット=1万通貨とはロットの単位が違いますので、かなり大きな取引をすることが出来るのです。

世界中のトレーダーの保有ポジションが確認できる「トレーダーダッシュボード」

XMでは上画面のように世界中のトレーダーの保有ポジションが一目で分かる「トレーダーダッシュボード」という表を公式ホームページ内で公開しています。

こうしたサービスもまた、XMが初心者におすすめの理由でもあるわけですが、試しに上から2番目のドル円を見てみましょう。

この画面で言えばドル円は売りがやや強い傾向にあるので、自分も売りに乗っかるか、それとも買いで逆張りをするかといった判断の材料になります。

なお、この保有ポジションが分かるというトレーダーダッシュボードは15分ごとに更新され、1時間前の数値を表示しているということですから、短期売買の際には注意しましょう。

保有ポジションの上限についての注意点

先ほども少し触れましたが、XMでは追加口座が最大8個まで作れるので、自動売買ツールに任せている口座などがあるとうっかり保有ポジションの上限を超えることがあります。

そうした場合はどうなるのか?注文が約定されないのか?といった部分も気になるところですよね。

しかし、安心してもらいたいのは保有ポジションの上限200を超えていても注文自体は約定されます。

ただし、XM側からお知らせが届き、「保有ポジションについての警告」を受け、迅速にポジションを減らさなければいけなくなります。

これを無視していると悪質なユーザーと判断されて口座の凍結や強制的な口座の解除といった措置が取られてしまいますので、すぐに保有ポジションを決済するなど対応をおこないましょう。

まとめ:XMで口座開設をすれば保有ポジション最大200まで取引が可能

XMで口座開設をする

今回はXMでの保有ポジションの上限をご覧いただきましたが、その数は200ポジションまでということが分かりました。

また、ロット単位と最大取引サイズ50ロットという条件を使えば、国内業者よりもはるかに大きな取引が可能ということも理解してもらえたのではないでしょうか。

こうしたダイナミックな取引ができるところもXMの魅力と言えますので、ぜひFXをするならXMで口座開設をおこなってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です