【口座開設】XMのFX取引平均スプレッド表一覧【pipsとは?】

海外FX業者であるXMは比較的スプレッドが広めと表現されることがありますが、実際にどれくらいのスプレッドが設定されているのか?

そんな疑問に対して今回は、FX取引における全通貨ペアの平均スプレッドと最低スプレッドを表にしてまとめてみました。

また、スプレッドの意味やよくFXの世界で使われる「pips」の意味についてもご紹介していきますので、これからXMの口座開設をしようとしている方にもきっと分かりやすくその内容が伝わるはずです。

ぜひ、参考までにご覧になっていってください。

スポンサードサーチ

【口座開設前に確認】XMのFX取引全通貨ペア平均スプレッド一覧表

XMで口座開設をする

XMは比較的スプレッドが広いとされるFX業者なのですが、それは入金ボーナスや取引ごとに貰えるロイヤルティポイントなどユーザーに対しての見返りが大きいため「広めのスプレッド」を設定しているともいわれています。

しかし、本当にXMのスプレッドは広いのか?

それを知るにはまず平均スプレッドというものを見なくてはいけません。

平均スプレッドは1日を通して考えたときの平均的数値を示しています。

その平均スプレッドを一覧にしたのが以下の表です。

<XMのFX全通貨ペア平均スプレッド>

こちらが平均スプレッドと最低スプレッドを表にまとめたものですが、これから口座開設をしようとしている方からすると「なにが書かれているのか…」といった感じで分かりませんよね。

そこで主要通貨ペアであるドル円を参考例に見方を説明していきます。

例)ドル円 最低スプレッド 0.015 平均スプレッド 0.016

スプレッドはまずpipsという単位に変換すると分かりやすいのですが、pipsの簡単な考え方は以下の通りです。

1pips = 0.01円(1銭) = 0.0001ドル(0.01セント)

これをもとにスプレッドをpipsに変換すると

ドル円 最低スプレッド 1.5pips 平均スプレッド 1.6pips

というようになります。

これは1通貨あたり「1.5円~1.6円のスプレッドが発生しますよ」という意味なのですが、XMのスタンダード口座は1ロットが10万通貨なので、スプレッドに10万をかけた数字が「1ロットにおけるスプレッド」ということになるわけです。

平均スプレッド1.6pips(0.01銭)×1ロット10万通貨=1,600円(スタンダード口座の場合)

つまり、スタンダード口座でドル円を1ロット分取引をすると1,600円のスプレッドが発生するということですね。

これが平均スプレッドをお金で計算するときの考え方なので、ほかの通貨ペアなどにもあてはめればすぐにスプレッドがお金に変換して考えられるようになります。

XMではロイヤルティポイントがあるため平均スプレッドが下がる(実質スプレッド)

重要なのは、先ほどご覧いただいた「ドル円、1ロット=10万通貨、平均スプレッド1.6pips」というのが高いのかどうか?という部分ですが、ほかの業者と比べるとやや高めの設定だといわれています。
(だいたいの海外業者は1.2~1.3pips程度)

しかし、実はXMにはロイヤルティポイントというものがあります。

ロイヤルティポイントというのは、1ロット取引ごとに毎回貰えるポイントなのですが、これは実際の取引にも使えるものです。

ロイヤルティポイントにはグレードがあり、1ロットあたりXMP(ロイヤルティポイント)10~20が付与されます。

そして、このロイヤルティポイントは「XMP÷3」の計算式で変換することが出来るのですが、たとえば口座開設してすぐのユーザーがポイントを貰った場合の計算は以下のような形です。

<XMPの変換式(最初に1ロット分取引をした場合)>

10XMP÷3=$3.3333・・・

このボーナス分の金額を平均スプレッドから差し引くと、だいたい「1.27pips」にまで下がります。

これならほかの業者と比べても高いことにはなりませんよね?

さらにもっともロイヤルティポイントが貰えるグレードになれば、このボーナス金額が倍になりますから「実質のスプレッドが0.9pips~1.0pips以下」となります。

つまり、表面上ではXMの平均スプレッドは高くみえますが、実はロイヤルティポイントを考えると他業者よりも低いということが分かるはずです。

XMがほかの業者よりも平均スプレッドが広めに設定されているため、手数料が多く取られてしまうといった噂を鵜呑みにしてしまうと、こうした実質スプレッドの数値が見えなくなってしまいます。

ぜひ、こちらの記事を参考に実は良心的なスプレッドを設定しているXMを利用してみてください。

まとめ:XMの平均スプレッドと実質スプレッドを考えると口座開設をするのがお得

XMで口座開設をする

ご覧いただいたように、XMは平均スプレッドが広めに設定されている分、独自のロイヤルティポイントによって実質のスプレッドが下がるようになっていることが分かってもらえたかと思います。

こうした情報を有効的に活用して、賢くFX取引に励んでもらえれば幸いですので、ぜひXMの口座開設をおこなってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です