XMで口座開設!MT4にヒストリカルデータをダウンロードしよう

このサイトでは海外FX業者であるXMの口座開設をおすすめしていますが、口座開設後に関する疑問や質問などにもお答えしています。

今回はXMの口座開設後、自分のパソコンにインストールしたMT4にヒストリカルデータをダウンロードする方法をご紹介していきますが、そもそも「ヒストリカルデータって何?」という初心者の方にも分かりやすい内容となっていますので、ぜひ参考までにご覧ください。

ヒストリカルデータは主に自動売買ツールのバックテストなどに使うことが多いのですが、自分の裁量トレードの勉強にもなりますので一度ダウンロードをしてみることをおすすめします。

スポンサードサーチ

XMで口座開設後にMT4へヒストリカルデータをダウンロードする方法

XMで口座開設をする

XMの口座開設をしたあとに必ずおこなうのがMT4を自分のパソコンにインストールすることです。

MT4はFX取引をおこなう際に欠かせないツールですから、こちらを持っていないと取引自体が始められません。

そして、今回はそのMT4にヒストリカルデータというものをダウンロードする方法を見ていくわけですが、「そもそもヒストリカルデータって何?」というFXビギナーの方のために簡単にその中身を説明をしておきましょう。

<ヒストリカルデータとは?>

ヒストリカルデータとは過去における為替相場の動きをすべて記録した膨大な量のデータです。

なお、10年以上前までのデータを取得することが出来るため、いろいろな為替レートの値動きが確認可能となっています。

このヒストリカルデータは、これから使おうとする自動売買ツールと組み合わせることで、その過去の値動きに対して自動売買ツールがどういった取引をおこなうかをチェックする「バックテスト」に使用することが可能です。

自分が選んだ自動売買ツールが本当に利益を生み出すことが出来るものなのかを確認することは非常に大事なことなので、実装をする前には必ずこうしたバックテストをおこなうことが推奨されています。

XMのMT4にヒストリカルデータをダウンロードする手順を図解

それでは実際のMT4画面を見ながら一緒にヒストリカルデータをダウンロードしていきましょう。

まずはXMのIDを使ってMT4を開いてください。

そうすると画面の左上に「ツール」という項目がありますので、そちらをクリックします。

ツールをクリックしたら、次にその下に表示される「オプション」ボタンをクリックしてください。

オプションを開くと上画面に切り替わります。

このうち、赤枠で囲った「ヒストリー内の最大バー数」を「2147483647」に設定してください。

そして、その右隣にある「チャートの最大バー数」を仮に「2000」とします。
(これはあとからでも変更が可能であり、自分が見たいと思う古いデータを表示させる数値です。デフォルト設定では65000となっていますが、そのままでもかまいません)

数値の入力がすんだら最後に完了ボタンを押します。

次に、もう一度「ツール」の選択画面に戻ります。

今度は赤枠内にあるヒストリーセンターをクリックしましょう。

そうすると下の画面のように「通貨ペア」と「時間単位ごとのローソク足」を選択する画面に切り替わります。

たとえばアメリカドル/円の1分足チャートを見たいのであれば、上記画面のように設定をします。

そして、最後にダウンロードをすれば指定した条件のヒストリカルデータがダウンロードされることになり、作業は完了です。

なお、大半の場合においてこのダウンロードをしようとすると「アラート画面」が表示されると思います。

アラートの内容は「過去の数値と合致しない可能性がありますよ」というようなことを指しているのですが、この微妙な誤差は仕方ないので「OK」とクリックして問題ありません。

ダウンロードが完了すると、こういった形で過去の為替の値動きが一覧として表示されます。

一番左側がローソク足の形状を示していて、次が時間帯・始値・終値といった順番でデータを示してくれるわけですね。

これでヒストリカルデータのダウンロード手順は終了です。

あとはこのデータをもとにして、自動売買ツールのバックテストをおこなえば、その自動売買ツールの信憑性や信頼度の高さを測ることができます。

もちろん自動売買ツールはバックテストだけ良くて、実装したあとのフォワードテストで結果が出ないということもありますが、それでも最初から信用のないツールを使うよりマシですのでぜひこうしたチェックをおこなってみてください。

まとめ:XMの口座開設後にはヒストリカルデータのダウンロード方法も覚えておこう

XMで口座開設をする

初心者の方にも分かりやすいようにヒストリカルデータをダウンロードする方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

これから口座開設をするという方のおいては、あまりいきなり自動売買ツールを使うという人も少ないかもしれませんが、知っていて損はない情報だったと思います。

ぜひ、こちらの記事内容を参考にしていただき、実際にデータをダウンロードしてMT4をより細かく使えるようにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です