XMの口座開設をするならレバレッジの制限について知っておこう!

海外FX業者の中でも高いレバレッジを提供しているXMは、低資金でも大きな利益が生み出せるFXサイトとして人気があります。

ちなみにXMのレバレッジは最大888倍ということですので、国内業者の25倍という数字に比べても圧倒的に高いことが分かりますよね。

しかし、そんなXMの魅力である最大レバレッジ888倍に制限が入ってしまうことがあるわけなのですが、それはいったいどういった条件で発動してしまうのか?

今回はそんなXMにおけるレバレッジ制限についてのお話ですので、ぜひ口座開設前の方も参考までにご覧になっていってください。

スポンサードサーチ

XMで口座開設をするならレバレッジの制限について勉強しておこう

XMで口座開設をする

それではXMのレバレッジ制限についての話をしていきますが、そもそもXMでは選ぶ口座タイプによって最大レバレッジが異なります。

<XMの口座タイプによる特徴と最大レバレッジの違い>

マイクロ口座 スタンダード口座 ゼロ口座
取引手数料/LOT 無料 無料 往復10通貨
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
1LOT単位 1,000通貨 10万通貨 10万通貨
最大取引サイズ 100LOT
(10万通貨)
50LOT
(500万通貨)
50LOT
(500万通貨)
最小取引サイズ MT4=0.01LOT(10通貨)
MT5=0.1LOT(100通貨)
0.01LOT
(1,000通貨)
0.01LOT
(1,000通貨)
ボーナス付与 対象 対象 ※対象外
平均スプレッド ドル円2.0pips ドル円2.0pips ドル円0.1pips

ご覧のように、そもそもゼロ口座というタイプを選ぶと最大レバレッジは500倍までに制限されてしまいますので、最初に口座開設を行う際には注意が必要です。

また、ほかのスタンダード口座やマイクロ口座についてもある一定の条件が整ってしまうと、レバレッジが制限されてしまいます。

そこで、どうしたらレバレッジに制限が掛かり倍率が引き下げられてしまうのかという条件をまとめてみました。

<レバレッジに制限が掛かる条件>

  • 口座開設時に投資金額を「20,001ドル以上」に設定
  • 証拠金が200万円・1000万円を超えた
  • マイナー通貨で取引をする場合
  • 世界的に見て大きな国政発表がある場合

以上のことがレバレッジに制限が掛かる条件とされていますが、それぞれひとつずつ詳しく掘り下げていきたいと思います。

口座開設時に投資金額を「20,001ドル以上」に設定

こちらは口座開設時の画面ですが、①の投資額の部分で「0-20,000」以外を設定すると、②のレバレッジ部分が制限されます。

ちなみに、20,001ドル以上を選択した場合の最大レバレッジは200倍となりますのでご注意ください。

証拠金が200万円・1000万円を超えた

こちらは上記の投資額にも関係する部分ですが、実際にXMで口座開設をしてFXで利益をたくさん生み出したとしましょう。

その際に自分のアカウント内で作った口座にある残高(証拠金+含み損益の合計)が合計で200万円以上・1000万円以上になると、それぞれの金額ごとにレバレッジの制限が発生してしまいます。

  • 残高が200万円以上になった→最大レバレッジ200倍までに制限
  • 残高が1000万円以上になった→最大レバレッジ100倍までに制限

なお、これはどの口座タイプでも同じで、スタンダード口座であろうとゼロ口座であろうと一緒です。

レバレッジ200倍の制限が掛かる一例)

口座1:スタンダード口座、残高200万円

————————————————————

口座1:スタンダード口座、残高100万円
口座2:ゼロ口座、残高50万円
口座3:マイクロ口座、残高50万円

このように複数の口座でも単一の口座でも合計額が200万円以上になると制限が掛かります。

そのため、制限を回避したいのであれば合計額が200万円を超えないように出金をする必要があるということですね。

マイナー通貨で取引をする場合

残高が200万円未満であってもマイナー通貨で取引をおこなう場合は、自動的にレバレッジの制限がはいります。

なお、マイナー通貨のレバレッジ制限は通貨ペアごとに倍率が異なってきますので、すべてのレバレッジ制限対象銘柄を一覧にしてまとめてみました。

<レバレッジ50倍制限のマイナー通貨ペア>

  • EURDKK(欧州ユーロ/デンマーククローネ)
  • EURHKD(欧州ユーロ/香港ドル)
  • GBPDKK(英国ポンド/デンマーククローネ)
  • USDDKK(米国ドル/デンマーククローネ)
  • USDHKD(米国ドル/香港ドル)
  • USDCNH(米国ドル/中国人民元)
  • EURRUB(欧州ユーロ/ロシアルーブル)
  • USDRUB(米国ドル/ロシアルーブル)

<レバレッジ100倍制限のマイナー通貨ペア>

  • USDTRY(米国ドル/トルコリラ)
  • EURTRY(欧州ユーロ/トルコリラ)

<レバレッジ400倍制限のマイナー通貨ペア>

  • CHFJPY(スイスフラン/日本円)
  • CHFSGD(スイスフラン/シンガポールドル)

ご覧のように日本円が絡む通貨ペアだとスイスフランとの組み合わせだけがレバレッジ制限の対象となっていますので、覚えておいてもらえればと思います。

世界的に見て大きな国政発表がある場合

アメリカの大統領選挙やEUにおける加盟国の独立問題など、世界的に見て非常に大きな国政情報が発表されるときにレバレッジが制限されることがあります。

というのも上記のようなときには為替の値動きも大きくなるわけで、その分莫大なマイナスを抱えるような取引も多く発生してしまいます。

そのマイナスをXM側が抑えるためにレバレッジに制限をかけるというわけですね。
(XMでは追証がないため、ユーザーからマイナス分のお金を受け取れないということを考えれば当然と言えるかと思います)

なお、このケースの場合は相場が落ち着いてくれば自然とレバレッジの制限は解除されるので心配はあまりいりません。

まとめ:まずはXMの口座開設時にレバレッジ制限が掛からないようにしよう

XMで口座開設をする

XMを利用する際に気をつけたい「レバレッジ制限」についてご紹介してきましたが、これから口座開設をするという方の場合はとにかく最初の口座情報入力で「投資額を20,000ドル以上に設定しない」ということが大切です。

あとのレバレッジ制限については残高の計算をしたり、メジャー通貨を選んだりすれば回避できますので、そこまで心配をする必要はありません。

ぜひ、こうした知識を持ったうえで口座開設を行ってもらえればと思いますので、参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です