トレード手法

【XMで口座開設しよう】スキャルピングを駆使して海外FXで稼ぎたい方は必見!

FXトレードにはいくつかのスタイルがありますがスキャルピングはそのうちのひとつです。

スキャルピングトレードとは短期的な売買を繰り返して細かく利益を積み重ねる方法を指します。

そんなスキャルピングトレードにおすすめの海外FX業者が「XM」です。

この記事ではXMとスキャルピングトレードの相性について詳しくご紹介していきます。

これから海外FXに挑戦したいと考えている方は、ぜひ参考にしていってください。

【XMで口座開設】スキャルピングを駆使して海外FXで稼ぎたいなら!

手, タイプ, キーボード, お金, ファイナンス, 仕事, テーブル, 木材, タイピング, テクノロジー

XMの口座開設はこちらから

長期的にポジションを保有せず、短期的な売買を繰り返すことで大幅なマイナスを避けられるというのがスキャルピングトレードの特徴です。

細かく利益を積み重ねながらリスクを回避できるので、FXを始めたての初心者にはとてもおすすめの方法と言えます。

そんなスキャルピングトレードをする際にはFX業者選びが重要です。

特にスプレッドの広さとレバレッジの倍率はスキャルピングトレードに大きな影響を与えますので、事前にチェックしておくことが大切となります。

こうしたことを踏まえた上でおすすめしたい海外FX業者が「XM」です。

海外FX業者「XM」はスキャルピングトレードに向いているのか?【レバレッジも大事】

海外FX業者の中で平均的なスプレッド幅を設定しているのがXMです。

スキャルピングトレードをするにも適した取引条件が揃っていますので、初心者が海外FXに挑戦する際にはおすすめしたい業者と言えます。

しかし、ネット上では「XMはスプレッドが広いのでスキャルピングトレードに向かない」といった意見を見かけることも少なくありません。

そこで知っておいてもらいたいのがスプレッドとレバレッジの関係性についてです。

FXの知識があまりない方の中には、ネットで見かける「スキャルピングトレードはスプレッドの狭さこそ重要!」といった情報を信じてしまう方がいます。

もちろんスキャルピングトレードにおいてスプレッドの狭さは重要なのですが、それに加えてレバレッジの大きさというのも実はとても肝心な部分なのです。

一般的にスプレッドの幅を狭く設定しているところは最大レバレッジの上限が低めになっています。

海外FX業者の場合であれば最大400倍あたりが平均的なレバレッジと言えるでしょう。

これを加味した上でXMとスプレッドの狭い海外FX業者の利益額を比較してみたいと思います。

海外FX業者「XM」が実はスキャルピングトレードに向いている理由

XMの取引条件は最大レバレッジ888倍、スタンダード口座でのドル円平均スプレッドは1.6pips~となっています。

対してスプレッドが比較的狭めな海外FX業者(仮にA社とする)の最大レバレッジは400倍くらい、ドル円平均スプレッドは1.2pipsだったとしましょう。

この時点ではスプレッドが狭いA社の方がスキャルピングトレードに向いているような気がします。

しかし、XMとA社ではレバレッジの倍率に2倍以上の開きがあります。

つまり、同じだけの資金を使って取引をおこなうと注文量に2倍以上の差が出るわけです。

これが何を意味するのかを以下にまとめてみました。

【スキャルピングトレーダーにXMをおすすめする理由】

  • ドル円1ロット(10万通貨)分の注文に必要な証拠金
  • XM:115円×10万通貨÷888倍=12,950円
  • A社:115円×10万通貨÷400倍=28,750円

※それぞれ3万円の資金を使って注文したとするとXMなら2ロット分の注文が可能となる

【注文から2.0pips離れたところで決済した場合】

  • XM:0.004円(0.4pipsの利益)×20万通貨=800円の利益(1.6pips-2.0pips=0.4pips)
  • A社:0.008円(0.8pipsの利益)×10万通貨=800円の利益(1.2pips-2.0pips=0.8pips)

※この時点ではXMとA社に利益額の差が出ない
しかし、値動きがさらに進むと以下のような利益額の差が生まれる

【注文から12.0pips離れたところで決済した場合】

  • XM:0.104円(10.4pipsの利益)×20万通貨=20,800円の利益(1.6pips-12.0pips=10.4pips)
  • A社:0.108円(10.8pipsの利益)×10万通貨=10,800円の利益(1.2pips-12.0pips=10.8pips)

※値動きが進むたびに利益の差が開く

ご覧の通り、だいたい2.0pips以上の値動きを捕らえた場合はXMの方が高い利益を得られるわけです。

仮にA社のスプレッドが極端に狭い1.0pipsだったとしても、レバレッジが400倍であれば確実にXMの方が有利と言えます。

ちなみにこの考え方は、短期的な売買をおこなうスキャルピングトレードでも例外ではありません。

こちらはポンド円の5分足チャートとなりますが、たった5分ほどの間で0.1円~0.15円くらいの値動きを見せています。

先ほどと同条件で取引をおこなえばレバレッジが低く平均スプレッドが狭いA社より、レバレッジが大きく平均的なスプレッドを設定しているXMの方が稼げるわけです。

スキャルピングトレードをおこなうのにスプレッドの狭さだけを指標にしているとこうした重大なポイントを見逃してしまいますので注意しましょう。

まとめ:XMはスキャルピングにも向いている海外FX業者【今すぐ口座開設】

レジ, 金, ドル, 通貨, 富, 財政, 節約, お金, 保存する, ビュー, 支払い, 買い物, 紙幣

XMの口座開設はこちらから

「XM」はスキャルピングトレードにも適した海外FX業者であるということを解説してきました。

一般的には「スプレッドが狭い海外FX業者=スキャルピングトレードに最適」といった認識がありますが、その場合にはレバレッジの大きさにも注目してください。

仮にレバレッジが400倍~500倍の場合は、XMを利用した方が稼げる可能性が高くなります。

スキャルピングトレードにはスプレッドとレバレッジのバランスが重要となりますので、ぜひこれから海外FXを始める方はXMを選ぶようにしましょう。

-トレード手法
-, , , , , , ,