危険性

【初心者必見】海外FXには3つのデメリットがある?XMで口座開設するのは安全?

在宅副業のひとつとして「海外FX」を始めてみたいという方は増えてきています。

しかし、中には「興味はあるけど海外FXってなんかリスクが高い気がする」と考えている人もいるはずです。

そこで、この記事では海外FXにおける3つのデメリットを分かりやすく解説しながら、そのデメリットの影響を受けないおすすめの海外FX業者をご紹介していきます。

海外FXに挑戦したいと思っている方は、ぜひ最後までご覧になっていってください。

海外FXには3つのデメリットがある?XMで口座開設するのは安全?

XMの口座開設はこちらから

これから海外FXを始める方におすすめの業者と言えばやはり「XM」の名前が挙がります。

XMは最大レバレッジ888倍、最高50万円の入金ボーナスといった魅力を持つ海外FX業者です。

実際に多くの日本人トレーダーが利用していて、その認知度は国内トップクラスと言えるでしょう。

しかし、FX初心者の中にはXMが海外のFX業者という理由だけで利用を敬遠している方もいます。

そこで、海外FXのデメリットを包み隠さず説明しながら、XMを選ぶメリットについてご紹介していきたいと思います。

海外FXのデメリット①信頼性と安全性【XMは実績があるので安心】

海外FXのデメリットとしては、まず信頼性と安全性が不透明といった部分が挙げられます。

海外FX業者は日本の金融庁に登録をおこなっていません。

そのため、金融庁から警告を受けている業者もたくさんあります。

FX初心者からすると「金融庁から警告を受けているようなFX業者を利用しても大丈夫なのか?」という疑問があると思いますが、実はこの部分は大した問題ではないのです。

【金融庁から警告を受けているのに海外FXを利用できるのは何故?】

  • 海外FX業者は日本の金融庁に登録していないだけで違法業者ではない
  • アジア向けXM支社はセーシェル共和国の金融ライセンスを保有している
  • XMの親会社はイギリスやキプロスの金融ライセンスを保有している
  • 海外FX業者を利用してもトレーダーが罰せられることはない
  • XMは入出金に関しても信頼性が高く、これまでの実績も豊富

そもそも海外FX業者は金融庁に登録していないので「海外FX業者」という括りになります。

ここが国内FX業者とのもっとも大きな違いです。

とは言え、「海外FX業者=違法業者」というわけではありません。

特にXMの場合はセーシェル共和国・キプロス・イギリスといった信頼性の高い国で金融ライセンスを取得していますので、その安全性は業界でもトップクラスと言えるでしょう。

ちなみに海外FX業者を利用して得た所得は確定申告の対象となるのですが、この点を考えても海外FX業者を利用すること自体に違法性がないことを示しています。

つまり、簡単にまとめると「XMのように正当な金融ライセンスを保有している海外FX業者なら利用しても問題ない」ということです。

海外FXを始めようとしている方は、最初にこの点をよく理解しておいてください。

海外FXのデメリット②取引によるリスク【XMはゼロカット対応なので問題なし】

海外FXに対して否定的な意見を書いているネット記事の中には「海外FXはレバレッジが高すぎて危険」というものもあります。

しかし、これもまた間違った認識です。

多くの海外FX業者ではゼロカットと呼ばれるシステムを採用しています。

XMでも「マイナス残高リセット機能」を採用していますので、どれだけハイレバレッジな取引をして残高がマイナスになっても追証を支払う必要がありません。

ここも国内FX業者と大きく異なる点と言えるでしょう。

ちなみにこちらはXMのホームページ画面となりますが、ご覧のようにしっかりと「口座残高以上の損失は発生しない」と書かれています。

そのため、ハイレバレッジな取引によるリスクは強制ロスカットまでの金銭的な距離が短くなるという一点だけです。

このリスクに関しても自分で証拠金を調整すれば問題ありませんので安心してください。

なお、XMでは用意されたレバレッジ倍率の中から自分で設定を決められるようになっています。

海外FXのデメリット③国内FXよりスプレッドが広い【XMは透明性が高い】

国内FXと比較したときのデメリットとして必ず挙がるものが「スプレッドの広さ」です。

国内FX業者ではドル円のスプレッドを0.1pips~0.3pipsあたりに設定していることが多いのですが、海外FX業者の場合だと1.2pips~1.6pipsくらいが平均値となっています。

ただし、これは国内FX業者の大半がDD方式という取引方式を採用しているからです。

【取引方式の違い】

  • DD方式:トレーダーの注文にFX業者が介入できる。スプレッドは狭いが透明性と約定力が劣る。
  • NDD方式:FX業者はトレーダーの注文をインターバンクに流すだけ。スプレッドは広くなるが透明性が高く約定力に優れている。

XMでは透明性が高いNDD方式を採用していますので、悪質なレート操作やストップ狩りによって損失を被る心配がありません。

また、XMには最小スプレッド0.0pips~という条件で取引できるゼロ口座があります。

国内FX業者並みの低スプレッドで取引できるところがXMならではの魅力となっていますので、ぜひこの点も覚えておきましょう。

まとめ:XMはデメリットよりもメリットの方が大きい海外FX業者!今すぐ口座開設!

ドル, Us-Dollar, お金, アメリカ, 現金, 紙幣, ファイナンス, 資金, 成功, リッチ

XMの口座開設はこちらから

海外FXのデメリットを解説しながら、そのデメリットを感じさせないXMの魅力について詳しくご紹介してきました。

ご覧いただいたようにXMなら海外FX特有のデメリットの影響を受けず、ハイレバレッジで透明性の高い取引が安全におこなえます。

デメリットよりメリットの方が遥かに大きいので、海外FXを始めるならXMを選んでみてください。

-危険性
-, , , , , , , ,